※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイムリミット

「俺はさ、幸せものだったよ。お前といられて」

ちゃんと言葉になっていたか?
泣いてばかりのお前の耳に、俺の言葉は届いていたか?
それが聞きたいのに、もう言葉を発する力はなくて。

余命一月と宣告されてから、仕事をやめてお前の家に棲みついてやった。
最初は迷惑がってたお前も、家に帰れば「おかえり」「ただいま」と言える
初めての経験に、少しだけ嬉しそうだった。

夜はただ、お前の心臓に耳を当てて眠るだけで満足だった。
『今日はまだ生きている』それだけで、深く幸せな夢を見られたよ。

お前に飯を作って
二人で笑って食べて
他愛もない会話で盛り上がって
先に寝たお前にそっと毛布を掛けて

なぁ、そんな毎日が、俺にはたまらなく幸せだったんだ。
だから泣くな。

それが一年でも一日でも遅いことを願っているけれど、
いつかお前にもタイムリミットが来るだろう。
その時は必ず、俺がむかえに来てやるから。楽しみにしとけ。