※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

苦笑しながら「馬鹿じゃないの」

「馬鹿じゃないの」
目の前でちまちまとした作業を繰り返す男に、俺はそうつぶやいた。
「馬鹿ってなんだよ」
「目の前にそうやって山積みにされてるものを見ると、馬鹿としかいえないんだけど」
ヤツが延々繰り返しているのは、甘栗の皮むき。
剥くだけ剥いて、食べるでもなく、それをティッシュの上に積み上げているのだ。
「放っておけよ」
そう言って、またヤツは無言で作業に戻る。
何で分からないかな。こうして折角二人でいて向き合ってるのにさ。
放って置かれて無言で甘栗の皮むき見つめてるなんて、むなしいだろ。
そんなこと、口が裂けたって言ってやらないけど。
「そんなの、剥いて売ってるやつあるじゃん。何でそっち買わないんだよ」
「それじゃダメなんだよ」
「何が」
そのあとの返事はなく、黙々とその手は動かされる。
こんな状態で、こっちを向いてくれるのをずっと待ってるなんて。
俺のほうが、馬鹿じゃないの、だ。
「終わった!」
ようやく最後の甘栗まで向き終わったヤツが、歓喜の声を上げる。
「よかったねー」
思わず抑揚のない声で応じると、その甘栗の山が俺の前にずい、とさしだされた。
「は? 何、これ?」
「何じゃねーよ、お前が前にいったんじゃん。甘栗結構好きだけど剥くの面倒くさい、って。向いてるやつは味が違う気がするとか我侭言うから、剥いてやったんだぜ?」
「な……」
何でそんな、何気ない、どうでもいい会話を覚えてるんだよ。
放って置かれたわけじゃなくて、俺のためにそんな馬鹿らしいことやってたとか。
「っとに、馬鹿じゃないの!?」
俺は、口の端が上がるのを抑えられなかった。