※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

着うた×着メロ

俺は着メロ。この業界じゃ俺を知らぬものはいない。
老若男女問わず俺は落とされ、求められ、鳴かされてきた。
言わば百戦錬磨といったところか。

そう、俺はずっと、俺のまま、俺が一番のはずだった。
それが正しい世界のカタチだったのだ。
しかし、最近何だか指名が減ってきている気がする。
今日もだ。人間達は迷った挙句に俺を避ける。
うそだろ、なぜだ?なぜ俺を選ばない!!

「あ!着メロ先輩、すいませんお先です!」

すぐそばから無邪気な声が聞こえた。

「・・・着うたか。最近忙しいんだな」

横目でにらんだ先には、
のほほんと喉の調子を整えている新参者がいた。

「いえ、ぼくなんか、まだまだ先輩には及びませんから!
 がんばらなくっちゃ!」
「ぼく、先輩みたいになるのが夢なんですもん」
にっこりと、奴は笑いかける。
はしゃいだ無垢な顔。

「ふん、お忙しいようで、いいこったね」

でも俺はついつい悪態をついてしまう。
そうだ、すべての元凶はこいつなのだ。

「先輩??」

きょとんと覗くその目が、子供っぽく光っている。
俺はついつい目をそらしてしまう。
しかしそうやってそらした後に、妙にそわそわしてしまう。
俺はコイツが邪魔でしょうがないのだ。

そうこうしている内に俺にもお呼びがかかる。
俺はやっとこいつのことを考えないですむようになる。

「なんだよ、ほらお前も呼ばれてるぞ。行けよ。早く。」
「あ、はい、でも先輩最近何だか・・・」
「なんだよ、うぜぇな」

奴は一瞬ビクッと体を触れさせると、泣きそうな目をして俺から離れた。
必要以上にこいつを冷たく突き放してしまう。
だって俺はこいつが邪魔なんだ。
なのにこいつは俺にひどくなついてやがる。
子犬みたいにまとわりついてくる。

沈黙がつづく。
なんなんだよこの罪悪感は。
俺は理不尽ないたたまれなさに耐えられなくなる。

「早く行けよ。」
「・・・はい。行ってきます。」

律儀にも一礼すると、奴はとぼとぼと歩き出す。

・・・なんなんだよもう。しょうがねぇな。ほんとしょうがねぇよ。
俺の態度ひとつで、泣きそうになることないじゃないか。
なんだか変におかしくなる。
しらないうちに体が動いて、俺は思わず奴の背中に手を伸ばした。

「おい。」
「え?」

驚いて振り向いたその頭をなでて、髪を指ですいてやる。
目じりに滲んだ涙をぬぐって、指先で喉に触れてやる。

「・・・ま、あれだ・・・そのお前もがんばれよ。」

奴は安心したように頬を緩める。いつもこうなのだ。
俺はこいつを拒めない。最後にいつもこうしてしまう。
自分で泣かせておきながら、どうにも耐えられなくなるのだ。

「じゃ、ぼく行ってきますからー!」

すぐに笑顔に戻り、元気に駆け出していく奴を見送りながら、
俺は、出会ってから何度目かのため息を、深くはきだすのだった。