※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

懐中時計

 まるで時に囚われているみたいだ。
 俺が、初めて『その人』に出会ったときの感想が、それだった。
 背はそれなりにあるくせに、華奢な体格。外界と自分を隔離
するかのような眼鏡。きっちり締められたネクタイが、窮屈そうに
見えない所が、逆にこちらを心苦しくさせる。
 彼は何をする時でも、勿論仕事をしている時でも、その意識を
自分のポケットの中に注いでいる。
 そのポケットの中には、小さくて古風な、懐中時計が入っている。

 外装はそれほど傷ついていないのに、動かない時計。
 ずっと2時43分で止まったままの時計。

 それが『かつての恋人』の形見だと聞いたのは何時だったか。
 その『恋人』が、女性ではないと知ったのは……

 くすんだ銀色の懐中時計、その蓋には蔦の浮き彫りが施されている。
 俺はその蔦が嫌いだ。
 まるで彼を縛る過去そのものみたいだから。



 朝の光の中、シーツの中に彼の姿を見つける。
 彼は、また、その懐中時計を握り締めながら寝ていた。
 しゃらり、かすかに細い鎖が鳴いた。

 まるで彼が、懐中時計自身のようだ。
 俺が彼の秒針を再び動かせる日は、果たして来るんだろうか。

 彼が呟く寝言は、また、俺の名前ではなかった。
 零れ落ちた涙は、懐中時計のそれより、ずっと綺麗な銀だった。