※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

極悪人と偽善者

「……ですから、彼のことは見逃して頂きたいのです」
ひとしきり語った後、真摯な口調で神父服の男は言った。
「貴方に僅かでも慈悲の心があるのなら、どうか」
「俺にそんなモンが欠片でも残っていると本気で思ってんのか?」
嘲笑ってやると、相手は困ったような表情を浮かべた。
「あの野郎の人柄だの哀れな境遇だの、俺には関係ない。奴は俺のシマを荒らした、それだけだ」
「彼本人が意図したことではありません。ただ単に利用されて…」
「うるせえよ」
言い募ろうとするのを切り捨てる。さっきまでの長々とした演説を再び繰り返されてはたまらない。
すると、男は小さくため息をついた。
「……議会の方々は、今だって貴方を十二分に恐れていますよ」
「あ?」
「無意味、ということです」
それは先程『彼の哀れな身の上話』を語ってみせたのとまったく変わらない口調だった。
「議会は既に、彼の存在を記録から抹消しています。元から捨て駒だったのでしょう。だから彼が死んでも痛くも痒くもない。
 それどころか、自分達の手を汚さずに彼が始末できるとあらば、貴方に感謝するかもしれませんね」
「何が言いたい」
「貴方にとって、彼の命にそこまでの価値はないということです」
どうか彼を殺さないで欲しいと懇願したその口で、さらりとそんなセリフを吐く。
その終始変わらない調子に、毎度のことながら軽く寒気を覚える。
「……。俺が気に入らねぇのはな」
「はい?」
「お前がいつもそうやって、誰かの為、何かの為と大義名分振りかざして来やがるところだ」
軽く睨んでやるが、男は表情を崩さない。真っ直ぐにこちらを見つめてくる。
「なにが『彼は真面目でお人好しな人間』だ。なにが『病身の妹がいる』だ。
 哀れな子羊にご慈悲を? 寝惚けたこと言ってんじゃねえぞ、エセ神父」

今回の一件は飽くまで、マフィアと議会の諍いだ。
捕らえた男とこの男の間に直接関係があるとも考えにくい。
それなのに自分のところへ態々『慈悲を乞いに』やってくるということは。
「お前があの野郎を助けようとするのは、単に教会連中にとって利用価値があるってだけなんだろうが。
 それがなけりゃ、あの野郎が始末されようがどうしようが、お前は気にも留めない。違うか?」
一応それなりに凄んでみたのだが、やはり相手はまったく動じなかった。
それどころか、あっさりと肯定の意を示す。
「確かに仰る通り、こちらにはこちらの思惑がありますが」
でもいいじゃありませんかと、男は言い切る。
「それで助かる命があるのなら、善いことです。必要であれば、私は何度でも貴方に頭を下げましょう」
「……反吐が出る。教会の犬が」
「貴方ほどの人にそう言われると、逆に光栄です」

この男が厄介なのは、己に利があると認めた上でなお自分の行いを『善行』だと言い張ることだ。
否、言い張っているのではなく、心からそう信じているのだろう。
自覚的な偽善者は、そこいらの悪人よりタチが悪い。

「どうか彼と彼の妹さんの為に、ご慈悲を」
そう言って神父服を着た男は、今日ここを訪れてから初めて微笑んだ。