※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

休日街で偶然上司に会った


師走の人ごみの中を歩いていた。休日の、お馴染みのコース。
なんとなく、いつもの店で冬物を眺める。
なんとなく、本屋でサブカル本をパラパラ見る。
なんとなく、雑貨屋の店内を一周したところで喉が渇いた。
(…今日は何の収穫もない予感…)
コーヒーショップで軽く食事をして、来た道を戻る。まあ、よくある事だ。

街を歩く人は皆、キラキラした表情でどこかへ向かっている。
店頭のディスプレイも必要以上に瞬いている。
俺は無表情で駅へと向かう。これでも空腹が満たされて気分は良いのだけれど。
(さっきの本屋でなんか雑誌買おう…後は電気屋でプリンタのインクと…)
「・・・・・・・。」
ふと立ち止まって振り返る。知った顔はどこにも見当たらない。
これもいつもの事。なのに誰かをつい探してしまうのは、この寒さのせいなのか。
(やっぱクリスマスのムードって、すげーな…)
なんとなく、心がざわついた。「いつもの」俺でいられなくなりそうで怖い。
足早に雑誌を購入し、大型電気店の前を素通りして駅横の駐車場へ向かった。
車に乗り込む、と同時にポケットの携帯が震えた。慌てて携帯を取り出すと、一気に力が抜けた。

『電気屋行くならお風呂場の電球買ってきてネ!』
・・・母親からのメールだった。
「はぁぁぁぁぁぁ~期待した自分乙…」
力なく車を降り、電気店へと向かった。
(これが、俺の日常。いつも通り。何も起きないのがとーぜん。分かってるだろ)



「!!」

電球を購入して店を出ようとしたその時、その人の背中が見えた。
「や、(じま、かちょー?)」
言いかけて止めた。そんなラッキーな偶然あるわけない。でも。
少し白髪の混じったあの頭。ひょこひょこ歩く後ろ姿。ちらと見えた横顔が。

「やじまかちょうっ! こんっ、にちはっ!」
驚きと焦りでおかしな発音になる。くるんっと振り返ったその人はまさしく谷島課長だった。

「んおおうっ!おーー、白井くーん。どしたの」
「どしたのって買い物ですよw 課長こそ何買いにきたんですか」
「んーー、いろいろっ☆」
「よく来るんですか、ココ」
「あんまりぃ~。だって遠いじゃないの。今日はついでがあったから」

(なんだよソレなんでいるんだよなんで会えちゃうんだよ)

「これから何か用事あるんですか?」
「ん~ん、帰るだけ」
「じゃ、ご飯でも食べにいきませんかっ? 私今日車なんで送りますよ!」
「ご飯ねぇ…行こうか? でもいいの?送ってもらうなんて。
てゆーか白井君ち地下鉄の駅近いのに車? 駐車代もったいないよ~」
「運転好きですからね。ついつい…」

街で見る課長はいつもと同じで穏やかな顔をしていた。いや、もっとユルイかも。
「ハイ、お車代★ よろしくお願いしますね」
そう言って缶コーヒーを差し出す課長の顔。ふにっと上がる口角に、俺はつられて笑う。
笑いながら、心は忙しく駆け回っている。このチャンスにしがみついてシッポを振っている。
逃げないように、消えないように・・・。さっきまでの期待を殺した自分はどこかへ消えた。
どうすれば今日、長く一緒にいられるのか。俺は固まった頭を目一杯使って考えていた。


極悪人と偽善者