※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元カノの元彼

「あ…」
「あ、こんにちは…」
いつもの散歩コースの帰り道、懐かしい姿を見つけ思わず声を上げてしまった。
相手もその声に気づいて小さく会釈を返す。
「コロンちゃんのお散歩…ですか?」
目の前の男性はずり落ちたメガネを直すと、俺の連れていたポメラニアンを遠慮がちに撫でた。
少しだけ戸惑いの入った声。
当然だ。俺の隣に居るはずの彼女の姿がないんだから。
「ええ、飼い主が育児放棄したもので。」
吐き捨てるようにそう呟くと、彼は元々大きな目をますます大きくする。
「別れました…ってかフラれました」
「あ…そう、ですか…」
俺の言葉に彼は目を伏せて、鼻先を指でこする。
「彼女、気分屋でしたもんねー…」
いろんな感情が篭った複雑な表情と、すべてを知っている声。
「はは…貴方から無理やり奪っといてこのザマですよ」
自嘲気味に、大げさに笑ってみせると、彼は悲しそうに眉をひそめた。
そしてまたいつの間にかずり落ちていたメガネを直すと、眉を寄せたまま小さく微笑む。
「お似合いでしたのに、残念です」
「!!」
罵声の一つや二つ浴びせられるかと思った。
それぐらい当然なことを彼にしたのだから。
それなのに彼は俺を慰めるような表情で、優しく犬を撫でていた。
ああ、そうだ。
この人は優しい人なんだ。
彼女が別れ話を切り出した時だって、この人は眉をひそめたまま小さく笑って…。
「ぅ…」
「え!わ!だっ大丈夫ですか!?」
あっという間に視界がゆれて、鼻がツキンと痛む。
「ご…ごめ…ごめんなさい…おれ…お…」
言葉を紡ぎたくても、喉が揺れてうまく声が出せない。
零れ出るのは涙だけだ。情けない。
「辛かったですね。大丈夫、貴方は何も悪くない。」
歪む視界の中、彼は微笑んだまま俺の背中を優しく叩く。
「よかったらココアでも飲みませんか?
 悲しい時は甘いものが一番です。温まりますよ?」
彼はそういうとコンビニの袋から小さい缶を取り出す。
「…すみません、いただきます…」
素直に缶を受け取ると、彼はにっこり笑ってメガネを直した。
「あの、優しくしてもらって…こんな事言うのも失礼ですけど…」
「はい?」
「貴方、お人好し過ぎますよ」
「あーそれが原因で振られてんですよねー私」
彼は照れたように頭をかく。
「まあ、そこが貴方のいい所なんでしょうけど」
「そ、そうですかね?」
「はい、おかげでなんか、吹っ切れました。新しい恋が出来そうです」
正直、さっきまでフラれたショックを引きずってたけど、なんか新しい扉を開けそうだ。
俺と、彼をフッてくれた彼女に少し、感謝、かな。