※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

腹痛

しまった、腹がいたい……

きっと朝飲んだフルーツ牛乳がいけなかったんだな。
それとも昨日の夜飲みすぎた酒の残滓が今頃、腹の中で暴れだしたんだろうか…。
そんなことを考える間にも、額に冷や汗が玉になって浮かび上がる。
汗はつぅ、と眉頭を越え、メガネの弦を伝ってポタリと滴り落ちた。
落下する雫を目で追うと、それは臙脂のネクタイに着地し、生地を黒ずんだ色に染めた。
伏し目になってそれを睨みつけた俺は、傍目には硬直しているように見えるだろう。
だが、内なる俺は悶絶している。それはもう、もんどりうって転がりまくっている。

電車は中途半端に混んでいる。
座れないけど、不審な動きをすれば注目されてしまう程度には空いている。
いっそ満員だった方が気が紛れただろうに……。

「――大丈夫?」
「……」
「具合悪りぃの?」
不意に横からかけられた柔らかな声に、かろうじて目だけを動かして応える。

横にいたのは思いがけない人物で、俺は束の間、腹の痛みを忘れ、目を驚きに見開いた。
俺は隣の人物に手を引かれるまま、次の駅で降車した。

木製のベンチに腰を下ろして、フゥッと大きな息をつくと、目の前にハンドタオルが差し出された。
ファンシーなピンク色のタオルで、耳にリボンをつけたネコが刺繍されている。
意図が分からないままぼんやりとタオルに見入っていると、
「汗、拭いたら?」とまた柔らかな声がした。
言われてみれば、俺は気持ちわるいぐらいに汗をかいていた。
汗のせいでメタルフレームのメガネは鼻梁からずり落ちそうになっているし、
スーツの中では、カッターシャツが背中に張り付いている。

「腹、痛ぇの?」
力なく頷くと、目の前に跪く金髪頭は、形の崩れたボストンバッグの中をごそごそと漁り始めた。
「ほら、コレ。このクスリ、水なしで飲めるからさ」
言いながら、俺の手を取り、掌の上に錠剤を2つそっと振り出す。
彼の手がやけに暖かいのは、俺の血の気が失せているせいだろう。

白っぽくなるぐらい染められた金髪は毛先が痛みまくっている。
耳には数え切れないぐらいのピアス。
眩しいほど白いシャツ越しにタトゥーが透けて見える。


電車の中で腹痛に襲われたその日、俺は白シャツの天使に恋をした。
昔からギャップってやつには、ひどく弱いんだ。