※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリーチャーの恋

「あいつ、……らしいぜ」
「マジかよ、さすが……だな」
「…んとだよ。あーあーゼッタイ俺かなわねー。でも俺たかが任務で死にたくねーし…じゃなくて良かった」
「シッ…聞こえるぜ」
 ガヤガヤと雑音が鳴る。
 人間じゃないと言われることにはもう慣れた。自分はほんの少し、身体能力が高かっただけだ。
 ほんの少し、人よりも、生きている意味が見つからなかっただけだ。

 三回ノックして、執務室のドアを開ける。ここだけ息が楽だ。空気が柔らかい。
「ボス。ただ今、任務から戻りました」
「お帰り」
「ご報告を」
「うん。それより――こっちへおいで。血が出てる。誰の血?」
 手を取られて俯く。視線を落とすと、胸のあたりから下肢にかけて、べったりと血がついていた。
 ほとんどはかえり血だが、自分のものもあるかもしれなかった。
「痛かった?」
「いえ……」
「そう」
 手を、強く引かれた。そのくらいではびくともしない体が勝手に傾いて、容易にボスに抱きとめられる。
 ほとんど年が変わらないのに、自分とボスは随分と違う。
「体温が高いね。子供みたいだ」
「……」
「お前のウワサを聞いたよ」
「化け物みたいだってことでしょう」
「確かに、獣みたいだな」
 ガツンと頭を殴られた気がした。ドクドクと心臓が動き出す。ボスの前でだけ痛みを感じる。
「危ないことばかりしたがって、なかなか手に負えない。てなづけるにも一苦労だ」
「そんな…」
「でもお前が化け物なら、俺も化け物だね。人を殺めてもなんとも思わない」
 それは違う。ボスは化け物なんかじゃない。
「心臓が動いてる」
 胸に手をあててボスが呟く。胸が痛い。声が出ない。
 この気持ちが恋であると気付かないまま、長い時間、そうしていた。