※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

家族か恋人か

同棲していた恋人と別れた。
理由は、奴が実家から勧められたお見合い相手との結婚を決めたから。
そりゃなあ、銀行関係は結婚して初めて信用できる一人前の銀行員として
認められるそうだから、いつかはこうなることはわかっていたんだが。
わかっていたからと言って、平静でいられるわけじゃないんだよな。

ともかく、奴の部屋は出て行かなければいけなかった。
元々最小限だった荷物を抱えて転がり込んだのは、年子だけど同学年の
弟の裕樹の部屋。
ルームシェアしていた友人が海外赴任で出て行った直後だなんて、すげえ
タイミング良くて笑える。
風呂上りに、共有リビングで共有キッチンの冷蔵庫に冷やされていた裕樹の
ビールを飲む。
俺はいつも発泡酒ばかりなのに、裕樹の奴、エビスなんぞ常備してやがる。生意気な。
俺が5本目のエビスのプルタブを開けたところで、風呂から裕樹が出てきた。
「基樹、風呂に入ったら蓋をしろよ。お湯が冷めて沸かしなおすガス代が
もったいない....って、俺のエビス!」
「大丈夫、風呂上りの一杯用には烏龍茶が残ってるから」
「大丈夫じゃねーよ!あーあ、5本中5本飲むかね、人のビールを」
「いいだろ、家族なんだから」
俺が5本目のビールを掲げて言うと、裕樹は微妙な顔をした。
ちょっと眉根を寄せて、怒ってるのとはちょっと違う...なんだ?まあいいや。
「家族と言っても今の家計は別なんだからな。後できっちり代金払えよ!」
「エビス飲めるお金持ちがせこいこと言うなよ」
「俺にとっては金曜日夜の風呂上りのエビスが唯一の贅沢なんだよ!タバコも、
外での飲みもやめて、自炊に手弁当、車も手放して、唯一の楽しみなんだよ!!」
「何でそんなに切り詰めてんだよ?結婚資金か?ちくしょー、お前も結婚なのか?
いいですねえ、幸せで!」
冷蔵庫から烏龍茶のペットボトルを取り出してソファーに座った裕樹を後ろから
チョークスリーパーで締め上げる。
裕樹は意外に強い力で俺の腕をゆるめると、むっとした顔で言った。
「そんなんじゃない!」
「隠すな、隠すな~。兄ちゃんに言ってみなさい」
「老後資金だよ。俺、一生結婚しないから」
「結婚しない?なんだ、お前もゲイだってか?」
「そうだよ」
思わず、俺は裕樹からぱっと手を離してしまった。
「お前、何冗談言ってんだよ。笑えないぞ」
「本当だよ」
裕樹は背後に立つ俺を、イヤに真剣な顔で見上げながら言った。
俺は今まで見たことのない裕樹の表情から目をそらしながら、その場を誤魔化す
ように笑った。
「やめとけやめとけ、こっちの世界、んなに甘くないんだからさ」
「あのさ。基樹が初めて男とキスする前から、俺、ゲイだって自覚あったんだぜ?」
「ちょっと待て、俺の男とのファーストキスって...」
「高校1年の冬、人気のない放課後の教室で、当時基樹が好きだった同じクラスの
高橋が相手。高橋が彼女とキスしたいけど自信がないって相談してきた時に、『練習
させてやるよ』って....」
「やめやめやめ~~!そんな黒歴史二度と口にするんじゃねえ!何でそんなことまで
知ってんだよ?!」
「あの後、彼女と別れた高橋と付き合って聞き出した」
「は?!」
「基樹が好きな奴がどんな奴か、知りたかったんだよ」
裕樹の手が俺の腕を掴む。
ぐいと引き寄せられ酔いも手伝ってバランスを崩した俺の体を、裕樹の腕が抱き止める。
裕樹の顔がすぐ近くにあった。
「俺、ずっと小さな頃から基樹のことだけが好きだったから」
キスされるかと思った。しかし、裕樹は長いこと俺の顔を見下ろした後で、ぎゅっと一度、
俺の体を抱きしめただけで俺の体を解放した。
「そういうわけだから、あんまり隙だらけの姿を見せるなよ。俺の心の安定のために、
基樹はさっさと新しい恋人でも作って出ていくように」
「新しい恋人を作れって、お前はそれでいいわけ?裕樹が俺の恋人になりたいとかは
思わないわけ?」
「俺は、家族だから。弟だから。それは何があっても変わらないから、それで十分なんだ。」
「....裕樹、実は酔ってないか?」
「俺の飲みたかったエビスは基樹が全部飲んだ」
「......」
「でも、基樹は酔ってるからさ。これは酔っ払い基樹の夢だと思って忘れてくれ」
裕樹はソファーから立ち上がると、封を開けないままの烏龍茶のペットボトルをテーブルに
置いたまま、自分の部屋に入っていった。
「忘れろだって?忘れられるわけねえだろ...」
取り残されたリビングで、俺はエビスの缶を煽った。
この一缶で記憶が飛んでくれれば、明日どんな顔をして裕樹におはようと言えば良いか
悩まずに済むのにと思いながら。