※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どちらかしか選べない

「ああああどうしよう! 俺選べないっ!」
アイスクリームのショウウインドウを前に、ユキオが頭を抱えてうんうん唸っていた。
ユキオは、二百円ちょいしか持ってない。俺はおごってやる気なんぞこれっぽっちもない。
だからコーンにアイスをダブルで盛るとか、ましてやトリプルにしてうはうはするなんてもってのほかだ。
ミントかチョコチップ。俺の隣で、彼はどっちにしようか決めかねている。かれこれ二十分。
店内に客は二人。そろそろ、店員さんの笑顔がある手前いづらくなってきた。接客ってなんて大変な仕事なんだ。
「河野ぉ、ねえどっちがいいかなあ。もうおまえ選んで!」
小動物みたいな目でユキオが俺に嘆願してくる。おおげさに肩を竦めて、じゃあミントにしなと頭をぽんぽんした。
素直にユキオがミントを注文し、受け取って隅っこの席に座った。
俺はそれを追わず、自分ぶんのアイスを頼んでからその横に腰を下ろす。
ユキオの手にはミント。俺の手にはチョコチップ。
「ああっ、チョコ! チョコチップ!」
にやっと薄ら笑いを浮かべて、大慌てのユキオにコーンに載っかったチョコチップアイスを見せびらかす。
悔しそうに眉をひそめ、ユキオは自分のミントにかぶりついた。子どもみたいでかわいいやつだ。
俺はチョコチップを、スプーンで深くすくった。
「ほれユキオ、あーん」
ぱあっと、一瞬でユキオの顔が晴れやかになった。明るすぎる笑顔。
やっぱりいいと思う。好きなやつが笑うのを見るのは、すごくいいと思うんだよ。
けど俺はミント嫌いだから、いらねえからな、ユキオよ。