※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

半袖と長袖


「あーーー!!!」

今まさに校門をくぐろうとした所。
大声のした方に振り向くと、井上がバカ面で大口を開け、俺を指差していた。
その指から続く腕は、涼しげな半袖シャツに繋がっていて、周囲の長袖シャツの中、
明らかにその存在は浮いていた。

「ころもがえ!バッカお前今日から衣替えじゃん!なんで言ってくれなかったの!?」
「……今日から衣替えだぞ井上」
「今言ったってしょーがないじゃん!もーバカバカバカ!」
バカにバカと言われる屈辱に耐えながら、下駄箱への道を歩く。
「取り替えてえ~俺のシャツと木内のシャツ取り替えてえ~」
無視をしていたら今度はシャツを引っ張り始めた。ズボンから引きずり出された
俺のシャツはもうしわくちゃだ。
「……しわになる。離せ」
声と同じく頭ひとつでかい井上の体躯を手のひらで押しのけ、上履きに履き替えると
教室とは逆の方向へ歩き出した。その横をわあわあと騒ぎながら井上がついてくる。
周囲の目がくすくすと笑っていて痛い。

「大体お前、俺のシャツ小さくて着れないだろ」
「着れるって大丈夫!っていうか今半袖着てるよりマシだし俺が!しんゆーだろ!」
「俺は「衣替えに気づかず半袖を着てきたバカ」にはなりたくない」
「バカ!ひっでえお前今バカっていった!?言葉の暴力だ!俺はきずついた!
そんがいばいしょーをようきゅうする!」
「損害賠償くらい漢字で言え、半袖バカ」
「バカっていうなー!!」

わあっと大口を開けた瞬間、鍵のかかっていない空き教室の扉を開け
井上を突き飛ばした。

「うわっ!?っぃで!……な、なにすんだよ~」

面白いくらいに転がった井上と共に教室に入ると、内側の鍵をかける。

「……わかった、替えてやるからシャツ脱げよ」
「えっ!……えー……いや、それは嬉しいんだけど、その、木内さん……
目がエロい事になってるんですけど……?」
「気のせいだろ。授業始まるから早く脱げよ、見ててやるから」
「いっいやいや見ててはくれなくていいですから!」
「脱がせてやろうか?」
「いいいいやいやいや!!」

-------------------

3時間目の放課

「おー井上!どこ行ってたのかと思ったら、結局木内に取っ替えてもらったんかよー」
「でもちょっとちっさくね?半袖の方がいんじゃねーの?」
「ううううるさい!いいんだよこれでっ痕が見えんだから!」
「痕?」
「ななななんでもねーよ!!」

「木内もぶかぶかでかわいーな、女の子みたいじゃん」
「ホントだよな~上級生にいたずらされないように気をつけろよ~」
「そうだな」

ふと視線が合うと、先程挿入した時と同じように、
びくりと身体を強ばらせた井上を見て、笑みが浮かぶ。

「どんなにバカでも、これでもう明日は忘れないだろ?」

周囲に聞かれないように囁くと、いつもは何か言い返してくる井上が
顔をまっかにして睨みながらも無言で頷いた。


兄貴に彼女ができました