※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんて男らしい

話があると部屋に呼んで、小柄な体をすっぽりと胸に包んだ。
……堪らない感情からと、顔を見ずに済むという理由のためだった。
「祐一のことは大好きだ……でも、別れよう」
髪にそっと口づけながら、とうとう言った。この3ヵ月、考え続けた結論だった。
同僚から恋人へ、想いがゴールを迎えてハッピーエンドのつもりだったが、人生はそう単純じゃなかった。
人は、恋だけに生きられない。
三十という年齢を過ぎて、社内での責任が重くなり、他の同僚が家庭を築き、
家族や親戚から圧力が高まり……
ありがちな、しかし誰でも直面する壁が俺達に立ちふさがった。
祐一はひとり息子だ。これ以上、俺に縛りつけておく訳にはいかない。
「このまま関係を続けても、俺達は幸せになれない。
 このあたりが潮時だよ……素晴らし思い出をありがとう、祐一」
なんとか、重くならずに言えたと思う。しかし語尾は震えた。
誰よりつらいのは、俺だと思った。しかし、祐一の幸せのためには耐えるしかない。
力を込めて、祐一を抱きしめた。わずかに抵抗された。
納得できないか?祐一。でも、それがお前のためなんだ。
俺だって決心できてるわけじゃない。でも、俺は男だから。
祐一の細い肩が震える。俺の視界も柔らかく曇った。
こんな顔は見せられない。ますます強く抱きしめた。
「……っざけるんじゃねぇ」
低い、地獄からの声とともに、頭が揺れて気がついたら尻餅をついていた。
あごに一発をくらったと気づいたのは、そこから脳天に突き抜ける痛みと、口中の血の味のため。
「別れたいんなら別れてやる。どうせ俺のためとか思ってるんでしょ?」
冷たく見下ろす祐一の顔。一滴の涙もない。
「馬鹿じゃないの。逃げてるのは宏伸、お前のほうだから」
立とうにも立てない。あごを打たれて脳震盪を起こしているのだ。
祐一がきびすを返した。部屋から出て行こうとする。
「祐一……ちょっと、待っ」
「俺は跡継ぎとか、社内の立場とか出世とか、世間体とか、どうでもいいの。
 宏伸さえ覚悟してくれたら、今の仕事を辞めてどこか遠いところで頑張ってもいい。
 家族にだってカミングアウトしたって、それで縁を切られたって平気だ。
 それをお前は……」
「いや、だって、お前のためを考えて俺は」
言った途端すごい勢いで振り返られて、顔面に腕が伸びてきた。
──もう一発、殴られる。ぎゅっと目をつぶって身構えた……頬に、手のひらの感触。
「宏伸が俺のことだけ考えてくれたってのはわかるけどさ、君は本当に……
 馬鹿だとは思ってたけど、本当に馬鹿だ。自己完結しちゃって、情けないなぁ、それでも男か?」
ヒリヒリと腫れた唇に、冷たい唇の感触。
「ついてこい、って言われても困るだろうけど。
 ……俺だけじゃ駄目なの?他は全部あきらめて、俺をとれよ、宏伸。
 男二人、何したって食っていけるとは思わないか?」