※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんて男らしい

窓を覆う厚手のカーテン越からのやんわりとした淡い日の光りによって、眠りの世界から浮上した。
まだ意識はぼんやりとしていて。
俺の隣には、まだ眠りの世界にいるらしい男が一人。向かい合うように、こちらを向いて眠っていた。

ふと時計に目をやるとすでに12時をまわっている。
けれど、カーテンに守られた日差しが少ないこの部屋は薄暗く、まだまだ眠気を誘う。
ぼんやりと見ていた天井から、健やかな寝息をたて眠り続けている隣の人物へと目を向けた。
綺麗な瞳は閉ざされているけれど、整った顔立ちは変わらない。

まつげ、ながい。

ちょっとばかし開かれた口が、エロい。

思い出すのは昨日の情事。なんてぼんやり思ってみた。

欲望のまま明け方までフル稼働した身体はずしりと重く、暖かなベットからは抜け出したくない。
だが、徐々に暇になってきたのも確かで。

暇つぶしとなるのはやはり目の前の人物で。

起こしてしまってはかわいそうだとは思うものの、手を伸ばし頬に触れた。
柔らかい感触。
暫し楽しんでみだが、起きる気配はない。
だが、いざ起きないとなると少し悔しい気もする。

ならば少しだけ、起きて、と念じつつ、顔を近づけ柔らかい頬にキス。
キスの雨を降らしていく。
それでも起きることがない。規則正しく動いている身体。

どうも悔しくなって、開かれた唇に狙いを定めた。

10センチ、

5センチ、

2センチ、

0センチ


ドガッ

「……朝から盛ってんじゃねぇ」

僅か数ミリ。
唇が触れる前に腹に衝撃。
「っ、…鳩尾は駄目だって‥」
「朝っぱらから盛ってるからだろ」
踞るように腹を抱えながら顔をあげれば、そこにはまぶたを開けているヒロの顔があった。
起こされたのが不服なのか眉間に皺を寄せながら。

「…ったく、昨日さんざんしただろーが。あ?」

「……はい。」

「次、起こしたら、」

「もうしません。」

よし、と一言残しまた布団を被った頼もしい恋人に、か弱くなれとか、可愛くなれとか言わないから、少しでいいから優しくしてください。

なんて心の中で願った。