※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新米保育士×シングルファーザー

「くっらえー、フォースクラァーッシュ!」
「い、痛い痛い!」
うむ、見事な飛び蹴りだ。さすが俺の息子。
「見てないで助けてくださいよ!」
お前な、いくらペーペーとはいえまがりなりにも保育士だろう。子供に蹴られたくらいで泣いてどうするんだ。
「今の蹴りは、もう少し着地を華麗にすると完璧だった」
「はーい!」
「あおった!? 息子の暴力行為あおったよこの親! ……ぎゃー!」
お前バカだろ。その前モーションでラリアット飛んで来るの見え見えじゃんか。よけろよな。
こいつ絶対保育園でも子供にボール投げの的とかごっこ遊びの悪役にされてる。
体細いし顔も優しそうだし、カモだよな。いやまあ、実際優しいけどな。
「二人とも、そこまでだ。夕飯できたぞ」
「あ、はーい! 僕運びます!」
ボロボロになりながらも、あいつはすぐにすっ飛んできて食卓の準備をはじめた。
息子も、ちゃんと箸を並べたりとお手伝いをしている。いい子だ。
「わ、ロールキャベツだ。僕これ好きなんですよね」
「パパが今日久しぶりに兄ちゃんが遊びに来るからって……ナンデモナイデス」
うん、ちゃんと空気も読めるようになったんだね。パパは嬉しいよ。
「そういえば、ここしばらくはなかなか会えなかったっけ。忙しくって」
あいつは納得したようにうなずく。……お前はもう少し空気読め。5歳児に負けてどうする。

「ごちそうさま!」
「ごちそうさまでした。おいしかったです」
なんだかんだで、和やかに夕食の時間が終わる。
「あ、僕食器洗いますよ」
「それは俺がやる。お前らはさっさと風呂入れ。汗臭い」
二人を風呂場に押し込んで、ふっとため息をつく。
久しぶりだっていうのに、まずは子供かよ。ないがしろにしたら即刻たたき出すんだが、それでも腹は立つ。
まあいい。まだ夜は長いしな。
二人ぶんの着替えを用意して、脱衣所に置いておく。水音にまぎれて、二人の会話が聞こえてきた。
「パパねー、結構さみしがってたんだよー。カレー大量に作ったりとか」
「カレーは日持ちするからね。バリエーション出せるから飽きないし」
「カレンダー見ながらブツブツ言ってたり」
「お仕事が忙しいとそうなるんだよ。休みが欲しい~ってね」
「用もないのにドア開けてみたりとか、ポストのぞいたりとか、メールチェックしたりとか」
「それ、寂しがるって言うかなぁ」
「だって、ママがいなくなってもそんなことしなかったもん、パパ」
……お前ら、KY罪と個人情報漏洩罪でおしおきな。
プチッとお風呂場の電気を切ると、風呂場から悲鳴が上がった。