※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

行く年来る年

「やあ」
「グーテンアーベント。お久しぶりです」
「一昨日も電話したのに、お久しぶりはないだろう。それにこっちはまだ夜じゃないよ」
「ああ、時差あるんでしたね。今何時です?」
「じきに16時。妙に明るいと思ったら、雪が降ってる」
「へぇ、ホワイト大晦日ですか。そっちの雪景色はさぞ絵になるでしょうね」
「眺めはともかく寒いな。ちょうどホットワインがうまいくらいの寒さ」
「……そういえばその声、いくらか酔ってますね。またそっちの教授に迷惑掛けてるんじゃないですか?」
「失礼だな、君。こっちは順調にやってるよ。それに私とハロルドは十年越しの親友なんだ。
 少々面倒かけたくらいで迷惑とはいわない」
「すごい自信ですね。その図々しさ、ちょっと羨ましいくらいですよ」
「図々しいんじゃない、私は自由人なんだ」
「"鳥のように"?」
「そう、鳥のように。それで、そっちはどう?」
「相変わらずです。寒いし部屋は汚いしあなたは居ないし。今年も論文に埋もれて年越しですよ」
「素敵な年越しだね」
「ええ。ありがたくって涙が出ます」
「蕎麦は?」
「食べましたよ。インスタントだけど」
「……追い込みの最中に外食しろとは言わないから、せめて出前くらい取りなさい。
 あんなのは蕎麦と呼べない代物だ。ああ、私もそろそろ本物の日本食が食べたい」
「なら、ふらふらしてないでとっとと帰ってくればいいのに」
「これも仕事のうちだ。私だって好きこのんであっちこっち渡り歩いてるわけじゃない」
「鳥のように自由な暮らしが気に入ってるんじゃなかったんですか?」
「それはそうだが、鳥だって日暮れにはねぐらが恋しくなるだろう?
 私も年の暮れくらいは君のところへ帰りたい」
「……鳥はずっと鳥籠に閉じ込めておきたいたちなんですがね、僕は」
「ん?何だって?」
「いいえ、何でも。せめて寄り道せずに真っ直ぐ帰ってきてくださいね。
 今年中は無理でも、せめて正月には会いたいですから。チケットは?」
「手配済みだ。飛んで帰るよ」
「じゃあ、両手を広げて待ってますよ、空港で。遠慮なく飛び込んできてください」
「それは嫌だな。帰るのよそうかな」
「ひどいなぁ。……あ、鐘だ」
「金?小銭でも落ちてたか?」
「鐘ですよ、除夜の鐘。あなたのその煩悩も除いてもらえるといいですね」
「私の煩悩がすっかり無くなったら君、困るんじゃないのか」
「そこまで霊験あらたかなら、僕の煩悩ももれなく消滅するからイーヴンでしょう。
 ……明けましておめでとうございます」
「おめでとう。今年もよろしく 」