※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

片言の日本語

小柄な身体をころりと倒して、彼は読んでいた雑誌を胸元に抱え込む。
こちらを見上げてくる瞳を、「ねずみのようでカワイイです」と言えば「助動詞下手だなお前」
とさらりとかわされた。

「ねずみ、好きか?」
「スキです」

彼は雑誌をページをちらちらと見やりながら、

「お前のスキデス、トキですに聞こえるぞ」
「ツキです?」

私の発音に、彼はむっと顔をしかめる。
君は結構発音に煩いけど、私だって君の愛してるは今でもI rub youにしか聞こえないよ。

すーはこう、と口をすぼめて見せる君の唇をさっと掠めとる。

「チューはこう」
「…………!!」

無言で手に持った雑誌をぶん投げた彼は、ベッドを陣取ってふて寝を始める。
私は頭を掻きながら雑誌を持ち上げて、手持ち無沙汰にぺらぺらと捲った。
一つのページに、几帳面な彼らしく綺麗に折り目が付いている。

「ねずみーらんど行くですか?人混み嫌いなのに」
「行かねーよ!どうせお前の母国にもあんだろ!」

ちょっと涙目の彼は、黒い瞳にふるふると涙を溜めている。
……ああ、私と、だったのか。

「君と、君の国のねずみーらんど、行きたいです」
その身体を抱きこむと「……今度の日曜な」とか細い声が返ってきた。