※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

場末のカラオケ店、夜勤店員の憂鬱

「暇っすね」
「そうっすね」
「世間じゃクリスマスだ忘年会だって言ってるのに、この店大丈夫なんっすかね」
「さあ、どうせバイトだし」
「あーあ、今年も一人かぁ」
「この分だと来年も一人かもな」
「何かいい事無いかなぁ」
「無いだろうねー」
「世知辛いなぁ」
「世知辛いねぇ、つかマイクの充電終わった?」

「ん?まだみたい」
「っておい!どこ触ってんだよっ!」
「おおっ、こっちのマイクじゃなかったか」
「下ネタかよ」
「意外と大きいね」
「うるせぇ」

「宝の持ち腐れかぁ」
「腐ってねーし、つか揉むな」
「いいじゃん暇だし」
「意味わかんねーよ」

「あ、硬くなってきた」
「やめろよバカw」

「お前のコレあったか~い」
「自販機かよ。つかマジやめろヤバイ」
「えっ嘘?早くね?」
「溜まってるしな」
「ここで出したら一生の恥だよなぁ」
「やめろやめろw」
「つかお前も触ってんじゃんw」
「いいじゃん暇だし」

「はぁ……俺ら何やってんだろうね男同士で」
「まあ、いいんじゃねーの暇だし」
「嫌になるよな自分が」
「嫌になるな」
「でも気持ちいいな」
「そうだな」
「暇だなー」

「つか出そう」
「出すなよ」
「ごめん出た」
「早いなぁー」
「うわぁパンツ汚れちゃったよ」
「嫌になるな」
「嫌になる」
「変えのパンツロッカーにあるだろ?つか俺のはどうすんのコレ」
「自分で処理すれば?」
「うわぁだりぃ」
「嫌になるな」
「ああ嫌になる」