※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花火

「たまやーっ」「かぎやーっ」
カラコロと楽しそうな足音が表を駆けていった。
がらり、戸を開けると待ちきれぬ高揚が通りを埋め尽くしている。
とろけるような夕日が、江戸の町並みを照らしていた。

「何だ、お前ぇんとこのがよく見えるってのによ」
裏から上がり込んだおれを見て、弥太郎は変な顔をした。
「親父が棟梁達と酒盛りだ。わざわざ相模から親戚まで見物に来やがってうるせぇったらねぇ」
はは、と弥太郎は眉を寄せて笑うと、つけていた帳面を閉じる。
「今日は商売になんねぇな」
早めに店仕舞ぇだ、と云って立ち上がった。


屋根に登ると日はすっかり落ちていた。
川辺の喧騒からは遠く、川から吹く風が心地良い。
隣で胡坐をかいている弥太郎は、蚊に食われたと云って脛をぼりぼりと掻き毟っている。
「どれ、貸して見ろ」
「止せ、お前ぇまた噛むんだろうよ」
伸ばした手を笑いながら蹴られる。
と、しゅるるる、という音が聞こえた。
「お、始まったな」
どぉん、という轟音と共に光が花開く。
辺りが一瞬明るく浮かび上がって消えた。
「おれはよ、この音が好きだな。腹にどんと来る」
目を閉じてまるっこい耳を傾ける弥太郎の顔を、次々上がる花火が照らす。
困った犬っころのような顔は、年なりに柔らかくなってきた。
こんなにまじまじと顔を眺めるのも随分と久し振りで、
その薄い唇をぺろりと
「っ、何しやがる」
舐めた瞬間目が合った。鼻が触れる程近い。
「親戚によ、」
どぉん。
「縁組み勧められて」
どぉん。黒目が赤く揺らめく。
その中の自分の顔は情けない位強張っている。

「おれァ、腹くくったよ」

どぉん、どぉん。

一際明るく照らされた弥太郎の表情は変わらない。
その頬を両手で挟むと、意外な程ひんやりしていた。
一息ついて、言葉を吐き出す。


「おれァお前ぇがいりゃいい」

「嫁も子供もいらねぇよ。お前ぇがいてくれりゃ満足して死ねる。だからお前ぇも腹くくれ」
「おれといてくれ、弥太郎」

どぉん。

少年の日、花火というものを初めて見た事、横にいた弥太郎と口をぽかんと開けて見とれた事、弥太郎の体温、歓声、いろんなものが一気に胸に押し寄せる。

手が、弥太郎の手がゆっくりと、顔を挟むおれの手の上に重ねられた。
その時初めて、自分の手が震えていたことに気付いた。
「しょうがねぇ野郎だな、お前ぇがくたばるまでいてやるよ」
闇に浮かぶ眩しい程のその笑顔を、おれは一生忘れるまい。