※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

敬語×敬語

「長野先生、その……どうしましょう、とりあえず脱ぎますか?」
「待ってください、池田先生、そんないっぺんに」
「脱ぎすぎですか?じゃ、下着だけ着ておけばいいですかね?パンツだけはいておけば」
「そんなに急がなくてもいいんですよ、僕が少しずつ脱がせ」
「あー!先にお風呂入らないと!長野先生、わかります?
 聞いたんですけど、いろいろ準備が必要なんじゃなかったですか?
 僕は趣味じゃなかったんで不勉強なんですが、その、浣腸が必要とか」
「今日はそこまでは考えてませんので、大丈夫です」
「そうなんですか?あーすみません!僕なんだか先走ってますね?
 なんだか恥ずかしいなあ!照れますよね、こういうの。
 大人の雰囲気っていうの、女の子相手にも苦手ですよ。すぐパニクっちゃって。
 だから僕、生徒にもすぐ『彼女いるのー?』とか『昨日エッチしたのー?』とか
 からかわれてばかりですからね、『赤くなったー!キャー!』なんて」
「池田先生は人気がありますから。
 授業もいいし真面目だし、そういう可愛いところもあって」
「いやぁ人気だなんて。なめられちゃってるだけだと思います」
「……僕も、池田先生のこと可愛いと思ってますから」
「可愛いだなんて!自分ではそろそろいいおっさんだと思ってるんですけど」
「一つ違いだし、おっさんでも可愛いです。生徒より、僕が先生を赤面させたいですね、池田先生」
「あっ……長野先生……お、お風呂入ってから」
「シャワーはもういいじゃないですか?僕はもう待てない気分です」
「でも汚いですよ」
「大丈夫です、出してあげるだけのつもりです」
「出すって!そうなんですか!や、長野先生……長野先生、あっ!
 ちょっと!あの、恥ずかしいですから……待ったッ!」
「池田先生、ちょっと静かに。電気は消しますからね、はい、大丈夫ですよ。
 それと、前から思ってたんですが……そろそろその、先生とか敬語とか、やめません?
 僕達は、好き合っておつきあいしてる恋人同士でしょ」
「でもっ……あっ……急に……変えられないです」
「普段の仕事からこれですもんね……実を言えば、僕も変えがたくって。
 まあいいかな、これも色っぽいかもですね、池田先生」
「あっ!ちょっと……あ……長野先生……!」