※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

下着の上から

酒の後の喉の渇きで目が覚めた。
室内が暑くて、エアコンの設定温度を一気に3度下げる。
すぐ横に横たわる大きな寝姿。同僚の鈴木が飲んだ後で泊まっていったのだ。
着替えたTシャツと、トランクスから伸びる重たそうな足。

鈴木と組んで2年目になる。長くとも1年でチームが代わるうちの職場では異例のことだ。
仕方がないだろうと自他共に認める。
「何しろベストコンビだからね、俺と上川先輩は」
自信満々に鈴木が笑う。何言ってるんだ、去年はあんなに不安そうな顔してたくせに。
無理もない、転属してきて、まったく経験のない部署に来て、
面識もなかった俺と組んで、それが噂になるほどの愛想無しと来ては不安にもなるだろう。
うち解けるのに、さほど時間はかからなかった。
人間、相性というものがある。俺と鈴木はよく合った。
人柄が軽快で愛想の良い鈴木と、堅苦しく押しの強い外見の俺という組み合わせは、
奇妙なでこぼこコンビとして、クライアントに受けた。
図や写真は多いがともすれば薄くなりがちな鈴木の作成資料は、
経験で長じる俺が適切な情報を加えることで、完成度を増す。
雰囲気から敬遠されがちな俺が、鈴木の入れる茶々で課内にとけ込めるようになった。
ツーといえばカー。定食屋で黙ってマンガを読む昼食も、社用車の中でする雑談も、
サッカーのひいきチーム、野球の相容れない好みすら、聴く歌まで、
鈴木とはうまく合った。まさにベストパートナーといえた。
業績も上がり、結果2年目のコンビ続投となった。
また一緒にいられる。会議の席で隣の鈴木と目があったら、やっぱり嬉しそうな顔をしていた。
屈託のないその笑顔。気持ちが通じ合う。
一生に何度も出会える相手ではない、と思った。
ずっと一緒に、できることなら3年目も。4年目も。

今、そのかけがえのない相手の唯一の難点に気づいた。
……これが、女であったなら。
いや男だとしても、いっそ公私ともに。一生離れず。もっと側に。もっと親密に。ずっと一緒に。
酔いは冷めていた。初めて、これと思って鈴木の膚を見た。
濃紺の下着のその下なんか、ついさっきまで俺にとって何の意味もないものだったのに。

目をつぶって、明日の鈴木の笑顔を思った。
エアコンが、急激に冷気を送ってくる。
そっと、下着の上から寝具代わりのバスタオルを掛けて、部屋を出た。