※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝わらない

自覚してからは、境界線がどこまでなのか分からなくなってしまった。

学校帰りにコンビニ寄るのは友達。
そこで買ったアイスを一口交換するのは、
16年来の幼なじみとしては、まあ、アリだろう。
だけど、
俺のガリガリ君に近づくその唇を思わず目で追ってしまうのは、
唇からちらっと覗く赤い舌に反応してしまうのは、
汗ではりつくシャツに何故かこっちが汗をかいてくるのは、

最近目を合わせられないのは、


「和田、溶けてる!」
「あ!?うわ!」
「バッカ、何ぼうっとしてんだよ」
「何って、」

お前の事考えてんだよ

とは言えないから、溶けたアイスでベタベタになった手を
佐野の腕になすりつけた。

「何すんだバカ!」
「うるせ、バカって言う奴がバカなんですぅ」
「ガキか!お前はほんと昔から変わんねぇな!」

昔と同じようなやりとりをしながら、昔と同じように笑いながら
俺は思う。

変わらないのはお前だけだ。
俺は変わってしまったよ、佐野。
今と違う関係を望むようになった。

その手に触れたいと思うけど、

お前が望むのは幼なじみとしての俺だから、

伝えない。
伝わらない境界線を探して、
明日も幼なじみの顔でお前の肩を叩くよ。