※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘機乗り

この瞬間が、いつも緊張する。コックピットに身体を沈め、すうっと深く息を吸うと世界が自分と機体だけになるのだ。
愛機と繋がり合う一瞬。幸福と、緊迫。
そらに出れば敵が待っているにしては不謹慎な感慨だった。
「隊長さーん!」
「うわっ」
ふたりきりの世界をぶった切った声は天才整備士のものだった。
なにか不備が見つかったのかと目で問うと、彼は非常時にこれまた不似合いな人懐こい笑みを浮かべた。
「機体はなんの問題もありません! なにせ俺は天才ですからっ」
「じゃあどしたの」
整備士はまだ幼さの残る風貌ににわかに影を落とした。
天才といえどまだ二十歳になったばかりである。不安がないはずがない。
「おまじないです」
「おまじない?」
不意に手を取られる。面食らって、自分の手の甲を見つめた。
「ご武運を、天才パイロット」
つぶやいて、優しいキスを施された。ぎょっとして勢いよく手をひっこめる。
「なっなにすんだ!」
整備士は、神妙な面持ちだった。
「天才といえど、失敗があるかもしれないでしょう。だから、天才整備士からのおまじないを」
「……整合性に欠ける」
「欠けません!」
また手を捕まえられる。強い力。底なしのぬくもり。
胸がきゅっとした。
「僕はあなたの愛機の整備士です。ということは、その主の隊長さんの
ことも気遣ったり安全を願ったりするべきなんです!」
「……そうか」
「そうです」
その勢いに圧倒され、なんだかほだされたように納得し、頷いていた。
それでもいいか、と思った。
「んじゃ、もっかい頼むよ、おまじない」
「へっ?」
整備士が間抜けな顔になった。くすりと、笑いがもれる。
緊張がほぐれたのがわかった。
「いつもよりもっと調子出そうな気がするからよ」
気障に笑って見せる。
天才パイロットは、いつでも恰好いい己でいたかった。
整備士はぱあっと表情を明るくし、ふたたび手の甲にキスをしてきた。
「ご武運を、天才パイロット」
心が澄んでいく。絶対に勝って、すべてを守る。
彼の唇のあとに自分のそれを合わせながら強く誓った。