※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

会話文までだと、幼主人と理屈っぽい世話焼き属性の歳かさ執事にも読める。短文だから一目でオチまで読めて、ミスリードを思考する余裕がないんだね。完成度の高い短文に目から何か出ました。心からGJ

「またミスですか。行動する前に念には念を、確認をして下さいとお願いしましたのに」
「ご、ごめん! でも……僅差だよ? 僕だってわざとやったわけじゃ」
「私とてこのような事、言いたくて言っているのではありません。
私がいなくとも大丈夫なようにと、心を鬼にしているのです」
「うん、わかった――って、私がいなくとも、ってどういうことだ」
「……実は、今月をもって執事の職を辞することになりました」
「えっ! ど、どうして!? きいてないよ!!」
「申し訳ありません。私の力不足で、ご主人様をきちんとお支えできませんでした。
この責任をとって辞め――」
「バカを言うな!!」
「ご主人様……?」
「僕をいくつだと思ってるんだ! あと5日で43だぞ? お前よりずっと年上のオッサンだ!
ドジやらかすのもこうやってお前を苦しめるのも、全て未熟な僕が悪い、僕の責任だ!!
だから……責任をとって辞めるなんて言うなっ!!」
子供のようにがむしゃらに抱き締めてくる腕。
「僕は、お前じゃないと駄目なんだ………っ」
切羽詰まった囁きに、目から熱いものがこぼれる。
心から思った。私こそ、ご主人様の側じゃないと駄目なんです、と。