※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

来ないで

だめだよ、と言って彼は笑った。

「どうして」
「まだ根を上げるには早すぎるんじゃない?もうちょっと頑張りなよ」
「俺は十分頑張った」
「まだ、まだだよ。君にはまだ、与えられた分が残っているだろう?」

そう軽い口調で俺を窘める目の前のこいつを、少しだけ睨みつける。
俺は今まで、精一杯この世の中で頑張ってきたはずだ。
俺の頑張りを俺の傍で見ていなかった奴に、何が分かる。

「あ、今ちょっと失礼なこと考えたでしょ」
「人の思考を読むな!」
「見てたに決まってるじゃない、そこら辺の草の陰から」
「な、うわ、お前そんな悪趣味な奴だったのか」
「別に、誰も彼もを覗き見してるわけじゃないって」

君だからだよ、
少しだけ目の前の男から身を離した俺との距離を詰めるように、
一歩こちらへと近づいたそいつは、俺の耳元でそう囁いた。

頬が熱くなり、半ば条件反射の様に囁かれた方の耳を押さえ、飛び退く。

「っ、この変態!」
「変態で結構」

しれっとそうのたまった目の前の男は、俺と目を合わせると少しだけ笑った。
こいつと最後に会ったのはもう何年も前のことだ。
柔らかい、感情が読み辛く俺を度々惑わせたその笑顔は、久し振りに会ったというのに全く変わっていなくて。
その懐かしさに胸が軋んで、鼻の奥がツンとした。

「相変わらず泣き虫だね」
「っうるさいな!」
「でも、泣き虫の君にしては、良く頑張ってる」

食ってかかろうとした俺をいなすように抱きしめる腕も、変わらない。
温度の低い手が、あやすように俺の頭を緩く撫でる。

「別に、僕の分まで頑張れとは、言わないよ」

耳元にそっと囁かれる、声の感触に耐え切れずに涙が溢れる。

「やだ、もう」
「大丈夫、君が頑張りきるまで僕は待ってるから」
「そこら辺の草の陰で?」
「そう、覗き見しながら」

くすくすと笑い合う、その声が少しずつ小さくなって、そっと消える。
俺を撫でる手は止まらず、そして言い聞かせるようにこいつの声が耳元で響いた。


「君は、君が与えられた分の命を生きるんだ。
それまで、僕を追ってこっちに来ちゃいけないよ」


ふと目が覚める。
あいつがいない事に耐え切れず走ってきた、深夜のマンションの屋上。
どうやらフェンスを乗り越えたその先で、街の灯りを眺めながら眠ってしまっていたらしい。

深呼吸を一つして、目をしっかりと開いた。
夢と現の間で逢ったあいつの声、笑う顔、手の感触、その全てを覚えている。

「帰る」

小さくそう呟いて、フェンスに手と足を掛ける。
もう、どんなにきつくても、泣き言を容易に口に出すのは止めよう。
草の陰で俺を見ているらしいあいつに、今度会ったときに絶対笑われてしまうから。

振り返ることなくフェンスを登る俺の頬を、温い風が撫でていく。

夏が、すぐそこまで来ていた。


if