※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

来ないで

君が、光る女性の唇を、かわいいねと褒めたから。

姉の口紅を塗ったのは、ほんの好奇心だったのに。


「―――来ないでッ!」
ドア越しに僕は怒鳴った。
こんな大声は久しく出していなくて、喉がヒリヒリと痛んだ。
「…どうした?」
僕のみっともなく掠れた声を聞いた彼が、心配そうに声を掛けてくる。
「君にだけは…見られたくないんだ…。」
噛み締めたピンクの唇はぬるりとすべって、人工的な味が惨めさと共に喉を流れた。

違うんだ。
僕が本当になりたかったのは。
こんな姿じゃなくて。

ドン!とドアを乱暴に叩く音にびくりとして、一瞬背が浮いた隙に彼はドアを開けた。
「!」
「お前、何――――…ッ?」
僕の顔を見た彼の口許がひきつる。

ああ、だから、君にだけは見られたくなかったのに。

だが彼は踵を返すこともなく、瞬きもできないまま涙を流す僕の唇を、自分の袖口でぐいっとこすった。
「痛、ッ…!」
「…お前にはこんなモノ、必要ねえよ。」
気がついたら僕は彼の胸の中にいた。
じわじわと僕の涙が彼の胸元をしめらせていく。

涙の理由は、すでに変わっている気がした。