※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

心が別の方向いてるやつがいい…!

シュウは本命がいる奴としか付き合わない。
そして付き合う前に言っておく。
『体は好きにしてもいいけど暴力は不可。自分は愛人で体だけの関係。
それが守れなくなったらキレイに別れること。それでもいいならつきあってもいいよ』と。

そんな約束をしていても、ほとんどの奴が本命を捨ててシュウに走る。そんな時に俺の出番が来る。
そいつの前でだけ俺はシュウの『本命』になって、彼がいなくて寂しかったからだの、
彼じゃないとダメだの、シュウが心にもないことをペラペラと訴えて終結させる。
なんで俺なのかと聞いたらば、俺が逆恨みされても自分で自分を守れそうだったからだそうだ。

今日は人気のないビルの屋上で、空が青いなと思いながら聞いていた。
タバコを吸いたくなったが、納得しかかっている相手を怒らせる事になるので我慢した。
何度も続くと、さすがに水戸黄門みたいで飽きる。

相手の男が泣きながら出て行った後、シュウは俺にタバコを一本くれと言った。
普段は吸わないが、ストレスが溜まるのか、こういう場面の後には必ず言う。
「今回は本当にしつこかったなあ」
「相手は選べよ」
「選んだよ。男同士なんて不毛だって言ってたし」
確かに不毛だが、シュウが相手だとそんなことはどうでもよくなるのはわかる。
こいつの毒牙にかかった奴は毎度の事ながら気の毒だ。
「もうそろそろいいだろ」
「何が?」
「俺とつきあおうぜ」
「絶対に嫌だ。だってお前、俺の事好きだもん」
「まあね」
他の奴が言ったら許されない台詞だな。
「心なんて俺に向いてなくていい。別の方に向いている奴がいい」
ほら出た。助さん格さん45分。
「体だけでいいって言ってるだろ」
まあ俺もお代官並みに同じ事しか言わないが。
「そういう奴に限って、心まで欲しいって言い出す。重い」
同じ台詞しか返ってこないし。

ここまではいつもどおりの進行だった。だがたまには予想外の展開がないと観てる方も飽きる。
俺はタバコごとシュウの腕をつかんで引き寄せた。

こいつの手首にはうっすらと刃物で切った跡がある。
心中しようとして、自分だけ死に損なった跡だ。

「このままお前を犯す事だって出来るぞ」
シュウはじっと俺の目を見ながら答えた。
「……それならいいよ?」
俺が望んでいた答えはくれなかった。
俺はつかんでいた手を離した。
「しないの?」
「また『本命』探すのが大変だぞ」
「それもそうか」
「もうそろそろ恋愛しろよ」
「お前と?」
「俺じゃなくてもいいんだよ。見てらんないからさ。痛々しくて、お前」
「痛くなんかないよ。俺、痛いの嫌いー」
ヘラヘラと笑って手を振りながらシュウは階段を降りていった。

こいつの心を奪っていった奴にはもう誰もかなわない。
俺は空に向かって煙を吐いた。