※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

禁じられた遊び

「いって、…あ。
 お前爪切り持ってる?引っかけて割れちった」
「あぁはい、ちょっと待ってください…はい」
「ありがと」
「あー結構いってますね、痛そー」
「切んなきゃって思ってた矢先にこれだもんなぁ」

ぱちん、ぱちん。

「そういやさ、お前の爪綺麗だよな。何かぴかぴかで」
「あーこれトップコート塗ってんすよ。割れないように」
「トップコートってマニキュアみたいなやつ?あれいいの?」
「んー短いとどうなんすかねぇ。俺は伸ばしてるんで」
「そういえば右だけ長いよな、何で?長いとギター弾くのに邪魔じゃね?」
「あ、俺サークルとは別でクラシックギターやってんすよ」
「あぁ、なるほど。クラシックは指弾きなんだっけ」
「はい。だから逆に切れなくて」
「ふーん」

ぱちん、ぱちん。

「なあ、クラシックギターっつったら、アレ出来んの?ほら何だっけあの、有名なやつ」
「あぁ、『禁じられた遊び』すか?」
「そうそうそれ」
「まぁ、はい一応。基本っていうか、大体通るんじゃないすかね。ピアノで言う『エリーゼのために』みたいな」
「へぇ、そうなんだ。今度弾いてみてよ」
「あーいっすよ」


ぱちん、ぱちん。

「……あのさ、」
「はい?」
「別に俺、爪くらい自分で切れるんだけど」
「だって先輩『お前のせいで体ダルい。動きたくない』って言ってたじゃないすか、しかもつい5分前」
「それはお前…」
「昨夜だって夜中に押し掛けて『俺お前がいなきゃ何にも出来ねぇの』って甘えてきたくせにー」
「だっ、あれはお前が水だっつってアホほど焼酎飲ましたからだろ!?」
「先輩酔っ払うとあんなカワイイんすね。あー写メっときゃよかった」
「バカ言ってんじゃねぇよ、俺はいつでもカワイイですー」
「彼女の前でも?」
「まあねー」
「えー、きもーい」
「てめえこの野郎…」
「危ない危ない、肉切っちゃいますって」
「あ、ごめん」

ぱちん、ぱちん。

「…俺ら、いつまでこんなこと出来んすかね」
「まぁ、あいつが帰ってくるまでだろうな。だからあとひと月か」
「…さらっと言いますね」
「だってそういう約束じゃん」
「そうですけどー
 …ねぇ、俺らもスペイン行きません?」
「何でだよ、行き違いじゃん」
「そうじゃなくて。…もういいです」

ぱちん、ぱちん。

「…『遊び』ってことにしとかなきゃ、ダメなんだよ」
「え?」
「若気の至りってことにしとくべきなの、こういうのは」
「何すかそれ」
「本気になって後々拗れる前に、逃げ出せるようにしとかなきゃ。みんなが辛くなる。本気に泥沼にハマってもがくのはカッコワルイから嫌なの」
「…そういう人っすよね、アンタ」
「お前だってそうだろ」
「そうだったはずなんすけどねぇ」


伸びすぎて割れてしまっては、手遅れなのだ。
そのヒビが誰かを傷つける前に、綺麗に切り取らなければ。

ぱちん、ぱちん。

白く尖った欠片はゴミ箱に消えた。