※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

死ぬまで黙ってる

「俺、今度結婚するんだ!」

なんて残酷な宣言。
恥ずかしそうに、けれど嬉しそうに満面の笑みを浮かべ、
こいつは俺にそう告げた。

「どうした?俺に先を越されて悔しいのか?」

冗談じみた口調。
俺の肩を勢いよくたたく。
お願いだから触らないでくれ、頼むから今だけは。

「・・・おい、お前大丈夫か?」

黙りまくっている俺を流石に訝しがったのか、顔を覗き込んでくる。
やめてくれ、泣きそうだ。
目が合った。
俺を心配している目は、結婚報告のためあがったテンションのせいか潤んでいた。
そんな目で俺を見ないでくれ。

「悪い、俺なんかしたか?」

ああ、したとも。
お前は俺の恋を終わらせたんだ。失恋だ。

わかっていた、この恋が成就しないことくらい。
わかっていた。
いつかこんな日が来る事くらい。

わかってはいたが、受け入れられない。

一目惚れだったのに。
仕事をがんばっている姿、その裏に隠された弱さ。
酒に弱いのにいつも飲みすぎて潰れること。

すべてが俺を惹きつけてやまなかった。
俺が一番お前を好きだという自信さえあったというのに。

「いきなりだったもんな、悪い。」
「でもお前に一番に伝えたかったからさ。」

年甲斐もなくしょげる姿に、黒くゆがんだ欲望がわいてくる。
こいつを今連れ去ったらどうだろうか?
思いを伝えて、拒否する事は許さない。
思いのたけをこいつの心に、体に、刻み込んでやろう。

しかし、そんな幸せで非現実的な誘惑はすぐに打ち消される。
こいつを傷つける事なんて俺にはできない。
性別が一緒というだけで、
なんでこんなつらい思いをしなくてはならないのだろう。

「いや、少し驚いただけだ。」
「結婚おめでとう。」

作った笑顔と偽りの言葉の裏で、汚い思いを俺は封印した。
もう、誰にもこの思いは伝えない。死ぬまで黙っていよう。

ただ、そばにいることくらいは許してくれ。