※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君が好きだ

「卒業おめでとう」
「…あー、先生。…ありがとうございます。 」
「思い出すね。君とはじめて会ったのも、この桜の樹の下だった。」
「…そうっすね。」
「入学式に遅刻して、自分のクラスさえわからなくて、オロオロしていた。」
「…。」
「初々しくて、かわいらしい新入生だった。」
「…はぁ。」
「あれから君は、なぜか僕になついてしまって、何かにつけ職員室へ通って来ていたね。
 学年が上がって、君の背がずいぶん伸びてからもずっと。」
「…あの、先生。
 さっきから…何が言いたいんすか?」
「一年前。
 君がこの場所で告げてくれた気持ちに、ずっと答えられなくて、すまなかった。」
「!?」
「あの日から、君は僕の元に姿をみせなくなったね。
 他の先生方が、ずいぶん不思議がっていたよ。」
「…だって、…」
「大人というのは複雑で厄介なものなんだ。
 …しかし君はもう、僕の生徒じゃない。
 ようやく伝えることができる。

 君が好きだ。」