※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

万能後輩×ヘタレ先輩 in high school

まず高校生と言う多感な時期がいいね。
先輩はへたれだけどへたれなりに頑張って色々やるんだけど後輩は簡単にやっちゃう。
しかも後輩は全然悪気が無くて手伝っているつもり。
先輩もわかってるから強く言えないジレンマ。
さらに後輩は万能故にモテモテ(死語)なわけですよ。
手伝ってもらったりするとお取り巻きのやつらにちくちくやられる先輩。

ある日尊敬してる先生に頼まれた事をがんばってやり遂げた先輩。
要領が悪くてかなり時間が掛かったけど完成したそれに満足。
しかし偶然後輩がそれを壊してしまう。
今まで温厚でいい先輩だったが普段の鬱屈もありマジギレ、後輩を怒鳴りつける。
後輩は恐縮し慌ててそれを直す。先輩が苦労してやった事をいとも簡単に。
それを見てお取り巻き「ほら~全然騒ぐ事じゃないじゃん」とか言う。
不器用な先生は場を和ませようとして「新しい方がいいな!怪我の功名だな!」とか
いらない冗談を言っちゃう。
その全部をまともに受け止めた先輩は大ショック。
泣きながら教室を飛び出して慌てて追う後輩。

誰も居ないトイレに閉じこもって泣く先輩。
何でもできる万能後輩なのに先輩の事だけうまくできなくて途方にくれてる後輩。