※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「部活内恋愛禁止」という張り紙の貼られた男子校の部室にて(部活問わず)

「んっ、あ、何す……!」
数人分の足音と雑談が、廊下の向こうに消えていった。
「大丈夫だって。誰も来ないさ」
背中から抱きついて動きを封じ、うなじを舐め上げる。
滑らかな舌触りだ。
部長は施錠した扉から目を離せない。
「スリルあるねぇ?」
「なんで、こんな……」
弱々しく呟いた声はもう甘い掠れを帯びていた。
ショートパンツを下着ごと膝上までずり下ろす。
身悶える引き締まった体。
部長には必要最低限の露出のほうが恥ずかしいらしいと、はじめて知った。
「なんだ、もうこんな……?痛くない?先に一回抜こうか?」
耳の付け根に低音で囁くのは、それに弱いと知っているから。

ガチャ、ガチン!
「え……」
突如響いた開錠の音は、間違いなく目の前の扉からで。
部室の鍵は、いま部長が握り締めている。
と、いうことは……
「なにやっとるか!」
開かれた扉から乱入するのは、唯一の合鍵保持者、顧問だった。
「この張り紙が目に入らんのか!」
オレは部長の前を握ったまま答えた。
「そんなもの目に入れたら失明します」
オレの態度に拳を振り上げた顧問に、呼吸も整えきらない部長が叫ぶように言った。
「大丈夫です!これは「恋愛」じゃありませんから!」

オレ、もしかして部長に守られてるのかな。