※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンツンデレなご主人様×ベタ惚れどMな奴隷

僕はあの方を恨んでなどいません。

あの方は、素晴らしい方です。
いつも堂々とされていて、たくさんの人たちに慕われていました。
学の無い僕にはよくわかりませんが、中央では大事なお役目を任せれていらっしゃったとか。
……ああ、そうなんですね。取締りの。それは大変なお仕事ですね。
やはり、立派な方なんだ。なんだか嬉しいです。

声が、よく通るんですよ。少し低めの、響くような声。
お聴きになったことがありますか?……そうですか。
厳しい方でもありましたから、叱られるときはそのお声に身が竦んだものです。
他の下男などは「まさに落雷のごとく」と震えていました。
でも僕は、叱られることすら嬉しかった。
そのときばかりは、あの方は僕だけを見てくださっているのですから。
どうかしましたか、そんな顔をされて。可笑しいですか?

いつから?……ええ、もちろん憶えています。
あの方に初めてお会いしたのは、雨の日でした。
泥だらけで転がっていた僕を見つけ、馬に乗せて、屋敷へ連れて帰ってくださった。

僕の顔が気に入ったのだと、そう仰いました。そのときは冗談だと思ったのですけどね。
伽に呼ばれたのは、拾われた翌日でした。

他の者は、僕を哀れだと言いましたが、そんなことはありません。あの方は優しい。
恐い顔をされたり、冷たいことを仰られたり、手を上げられたりしたことはありましたが
それはいつも戦の前で気が昂られていたからで、その後は必ず労わってくださいました。
本当に酷いことをされた覚えはありません。

僕の頬を撫でてくださったのです。
ここです、左の頬。手のひらをこんな風にして。
本当はね、五本の指の痕が残っていたのです。捕まったときに拭われたせいで消えてしまいましたけど。
あんなに優しく撫でていただいたのは初めてでした。
褥の中ですらそんなことはありませんでしたから。とても、とても嬉しかった。

ええ、僕はあの方を恨んではいません。
さっきから何度もそう言ってるじゃないですか。
僕は、あの方をお慕いしています。今もずっと。

……これでは動機になりませんか?