※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

盲目の正義

真昼の病室に風が流れ、赤褐色の髪を遠慮がちに揺らした。
白いベッドに仰臥した青年は、目を閉じたまま、塑像のように動かない。
その冷たい手を取って、上から掌を重ねた。
大丈夫、眠っているだけだ。胸の内で繰り返しながら、昔のことを思い出していた。

ただ一度、心の底から愛した人を、理不尽なかたちで喪ったことがある。
当時はまだ年若く、状況に強いられ、納得のゆかぬ死をただ受け容れるよりなかった。
到底割り切れるものではない。無理と異物をのまされて、心のどこかが歪んだ。
力が欲しい。その一心で、ひたすらに権力の座を目指した。
いつしか位人臣を極め、手にした力で片端から不正を潰して回った。
そうしているときだけ、許されているような気がした。
復讐のつもりであったかも知れない。
厳しさのあまり、方々から恨みを買っていることは承知していたが、
自分の死をもって完結することならば、それはそれで構わないと思っていた。

だが、どうだ。己に返ってくるはずの報いは、無辜の若者に降りかかった。
あのときは非力ゆえに、今また傲慢ゆえに、私はかけがえのない人間を失おうとしている。
また、同じことを繰り返すのか。贖罪の機会すら与えられぬのか。
「君さえ、そばに居てくれれば……」
両掌の間に包んでいた手を、無意識に握り締めた。そのとき―――
「……さま」

どきりとした。蒼灰色の目が、真っ直ぐにこちらを見つめ返していた。

呼ばれたような気がして、ふと夢から覚めた。
誰かが傍らに付き添っていて、左手を握っているのが分かった。
瞼を開けたとき、視界に入ってきたのはただ光と影だった。
眩しさに馴れてくると、曖昧な影であったものは見慣れた男の像を結んだ。
途端に安堵がこみ上げてきて、思わずその名を口にした。
彼は握り締めていた手を離して、咳払いをひとつする。
「ご無事……でしたか」
「無事に決まっている。私を庇って刺されたのだぞ、君は」
「では、あの男は」
「死んだ。護衛に捕えられ、その場で毒を噛み砕いた……らしい」
らしい、と伝聞形で話をするのは、いかにも彼らしからぬことだった。
まだ、きちんと事実の確認を済ませていないのだろう。
「何故だ」
唐突に彼は言った。意味をはかりかねているのを察して、先を続ける。
「君は、わらったのだ。あのとき……刺された君を抱き起こしたとき、
 君は私を見て、確かに微笑んだ。血を流しながら、息も絶え絶えの状態で、何故」
言われて、徐々に記憶が蘇る。広間に飛び交う怒号と悲鳴が、遠く聞こえていた。
痛みと、噎せ返るような血のにおい。駆け寄って僕の名を叫ぶ彼の姿が、逆さまに映った。
わらっていたのかも知れない。あのとき、薄れゆく意識の中で何を思ったかといえば。
「おかしかったんです」
要点だけをかい摘んで答えると、彼は胡乱げに眉をひそめた。言葉が足りなかったらしい。
「あなたがあんまり取り乱したりするものだから、おかしくなって、つい」
「……君は馬鹿だ」
「ええ、そうでしょうとも」
「救いようのない馬鹿だが、国に必要な人間だ。これからも馬車馬のように働いてもらうぞ」
「素直に長生きして欲しいと仰ればいいのに」
「こういうことは年功序列だ。後から生まれてきた君が先に逝くのでは筋が通らん。
 私は筋の通らぬことが嫌いだ。だから、そのような真似は決してしないと誓いなさい」
生死は神の御業、いずれが先に召されるかは天の決めるところだろう。
しかし、今の彼が求めているのは、そんなありきたりの正論ではない。
「約束します。天地が引っ繰り返っても、あなたを残して死ぬことはない。
 ……だからもう、泣かないでください」
彼はハッとしたように顔をあげ、袖口で乱暴に頬を拭った。
その片腕を捉えて引き寄せ、手首の内側に唇で触れた。
薄く柔らかな皮膚の下には、温かな血が脈打っている。
「あなたも人の子だ。血も涙もあって、 時に間違いを犯すこともある。
 そう気付いたからには、暴走したあなたを止めるのは僕の役目です。
 是が非でも、死ぬわけにはいかなくなってしまいました」
人間誰しも、鍛えようのない脆い部分を持っている。
世に鋼鉄の男と畏れられる彼とて、決して例外ではないのだ。
彼は手首を預けたまま、観念したように苦笑を浮かべた。