※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忘れないで

故郷の街を離れて、もう4年になる。そしてあの日からも。

突然の異動命令だった。空路を利用しなければ半日はかかるような、遠い地への。確かに入社時の面接で独身であることを強調したように思うが、それでも大切な人がいないわけではなかったのに。
彼とは高校以来の付き合いだった。男子校の特殊な雰囲気に呑まれたのかどうかは今となっては定かではない。けれど大学の4年間も共に過ごして、一度も後悔はしなかったところを見ると、自分も彼もそういった素質があったのかもしれない。


「…行くのか」
何年もの時を彼と過ごしたマンションの部屋、その玄関に立つ自分を見て彼は言った。ああ、と短く答える。
「連絡は、くれなくていい。お前の生活を壊したくはない」
彼がそこで言葉を切ると、僅かな沈黙が二人の間に降りた。耐えきれなくなって、もう行かなくてはと言った主旨のことを告げると、彼は俯かせていた頭を上げて微かに笑った。
「忘れなければ、それでいい」


その顔が忘れられなくて、今でも恋人はいない。