※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪の子

俺の初恋の女の子は、同じ幼稚園のゆきちゃん。
まわりの子供より体が弱く、ちっちゃくて色白で、雪んこと苛められてたのを助けてやったのが最初だった気がする。
おっきな目が可愛くて、いつもいつも俺の後ろをついてきて。
その子の、妖精みたいなふわふわの髪を撫でてやるのが好きだった。

「ゆき、おおきくなったらアキちゃんとけっこんする」
そう言って笑ってくれたのに、ゆきちゃんは小学校にあがる時、病気の療養の為に田舎へと引っ越してしまった。

あれから9年。
「アキちゃん。迎えに来たよ」
高校生になったゆきちゃんは、陽に焼けた笑顔でにっこりと笑って抱きついてきた。

「え、ゆきちゃん?…あれ?」
「約束どおり、結婚しようね」
俺の初恋の雪んこは、太陽の似合う男の子になっていた。