※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

手を差し伸べる君

「先輩」
「………ん」
「先輩」
「…うん」
「先輩」
「……」
「先輩」
「さっきからうっさいなお前!! いいからほっとけよ!一人にさせろ!」
「いやです」
「……なんでだよ」
「だって、俺が居なかったら先輩一人で泣くじゃないですか」
「…一人で泣きたいんだけど」
「ダメです」
「なんでだよ…」
「先輩いじめて泣かしていいのは俺だけだからです」
「ドSめが」
「Sでいいから、ほら」
「…なんだその両腕は」
「俺の胸で泣いてみませんか?」
「…」
「一人で泣くと余計しんどいですよ? 心配なんです、先輩が」
「あーもう! 制服鼻水でべたべたにしてやるからな」
「クリーニング代は後で請求しますよ」
「………」
「………」
「……ありがとうな…」
「どういたしましてー」