※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

流されすぎな受!

「ねぇ、お茶でもしてこうよ」「やだ」
「じゃ、ご飯食べてこうよ。おごるから」「やだ」
「そんなら、ホホホ…ホテルにでも行こうか、俺が払うからさ」「……アホかお前」
 根本的には何も変わらないお誘いを三度とも蹴り飛ばして、僕はすがるように追いかけてくる
あいつを無視して大股で歩いた。
「ちぇっ、ツレナイなぁ。せっかくのコイビトのお誘いだってのに」
「誰がコイビトか、誰が」
「決まってるじゃない、あ・な・た・と・ワ・タ・シ」
 妙なしなを作ってウインクされた。はっきり言って気持ち悪い。
「お前、アホか」
 同じ悪態をもう一度繰り返す。
「そうだね……じゃ、いい。俺帰るよ。お休み」
「わ、分かればいいんだよ分かれば」
 突然しゅんとうな垂れた情けない顔が、心に突き刺さる。いきなり前言撤回とは、それでも男かお前は。
「……何だよいきなり」
 「帰る」と告げた割には立ち止まったまま動かないあいつを振り返って、僕はなるたけ
突き放すような口調で言った。きれいな八の字眉をつくって、あいつはうな垂れたまま呟く。
「何だよって、それはこっちの台詞だよ。ほら、アホには用無いんでしょ?
 早く帰るんでしょ? ばいばい」
「……」
 ……結局、今日も押し切られる羽目になる。こいつが「じゃ、いい」を言ったときは、
決まってそうだ。
「今日だけだからな。……ホテル代、お前が払えよ」
「やったー! もー、だから大好き!」
「公衆の面前で飛びつくな、離れろアホ!」

 ツレナイだって?
 ふざけるな、アホ。最初に君が「好き」と言ってくれた日から、流され続けて
きているのだ、僕は。お前とこうして一緒にいること自体、まず「ツレナイ」なんてありえないのに。
 それを悟られないように、ぼくは飛びついてきたあいつの頭を思い切り、とびきりの愛を込めて
はたいてやった。