※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初恋の女の子(仮)は現在身長180cmの男前

「本日のゲストは雑誌のボーイズコンテストで入賞され、
現在テレビやドラマで大活躍中の鈴木琢磨さんです!」
 拍手の指示がスタッフから出て、俺は幼なじみの登場に拍手する。
馬鹿馬鹿しいと思いつつも、憧れていたテレビ業界の雰囲気はやっぱりわくわくする。

「背がお高いですね。身長おいくつなんですか?」
「180㎝に少し足りないくらいだと思います」
「本当に素敵。人気があるのもわかりますね」
「いえ、そんな」
「質問のFAXがこんなに来ているんですよー。いいですか?」
「どうぞ」
「デビューのきっかけは」
「幼なじみが応募していて、同じ業界に行きたくて」
 その幼なじみは、今日は観客になってますー。よくある話ですー。
「初恋はいつ頃ですか?」
「3才くらいじゃないかな。大人になったら結婚しようねなんて言って」
「あらー」
「今でも大好きなんですけど、未だに結婚してくれません。結婚詐欺ですよねコレ」
 会場から笑い声が聞こえる。俺は笑えないけど。
「実はですね鈴木さん! 今、この会場に初恋の人をお呼びしています!」
「え?!」
 俺は思わず立ち上がった。
「嘘ですー」
 この司会者、覚えてろよ。
「男性まで心配しちゃったみたいですよ。男性ファンも熱烈なんですね」
 俺は平静をよそおって座り直した。琢磨は笑いをかみ殺していて、
しばらく会話にならなくて司会者が困っていた。ざまあみろ。


 収録が終わり、琢磨が俺を見つけて駆け寄ってきた。
「ゆーちゃん!」
「げっ」
「待っててって言ったのに。食事にいこうよ」
「おまえはもう有名人なんだから、俺と気安く…」
「ゆーちゃんと遊べないなら仕事やめる」
「簡単に言うなよ。俺はなれなかったんだから」
「なれなかったってなんで決めるのさ? わからないだろ?」
 俺をよく誘うのは、業界の人にさりげなく紹介する為だろうと薄々気がついている。
 そんな気を遣われてるのも、差を感じて苦しくなる。
 見上げると少し口髭の生えたワイルドな横顔が見える。
昔は可愛かったのにな。ピンクの服着て、花冠なんかつけて。
プロポーズなんかもしましたよ。あああああ、黒歴史。

「ゆーちゃん。早く結婚して」
「男同士は結婚できません」
「外国に行ってもいいよ」
「絶対にありえない」
「じゃ、一緒に暮らそう」
「なんで俺が一緒に暮らさないといけないんだよ」
「俺と暮らしてたら、寝坊しないよ」
「うっ」
「食生活だって今よりよくなると思う」
「……なんでおまえが女じゃなかったんだろうな。それは本当に思うよ」
「ゆーちゃん」
「なんだよ!」
「大好き」
 満面の微笑みをふりまきながら俺の手をぎゅっと握る。
 こういう所は昔と変わってないから嫌になるぜ。まったく。