※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高気圧×低気圧 

昼食時、今日もまた今井君がひやむぎ定食を半分以上残して、
無言で空になった俺の皿と自分の皿を交換してくる。さりげなく。
俺も、もう特に何も言うこともなく、当然のように、残りの0.5人前をたいらげる。
前に今井君が、俺にだけ聞こえるか聞こえないかの一人言みたいに、言った。
すごいね、吸い込まれるみたいだね。なんで、そんな食えんの。
え、なんでって、まぁ…全然いけますよ。

「吸い込まれるみたいだ」って言葉にやけに、ヒヤリとした。
そんな気持ちで今井君の横顔を見ている自分に、
気付いたばかりの時だったから。