※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パティシエの恋

閉店の片づけを終えた彼は、レジ前の待ち椅子にかけて一息ついていた。
「おつかれさま」
僕は彼の前にイートイン用のカップに淹れたホットチョコレートを差し出した。
「明日からはひな祭りとホワイトデー用のメニューに変えるから、
余り物処分に協力して」
「俺、甘いもの苦手なんですけど」
「なのにケーキ屋でバイトって矛盾してないか?」
「苦手なものなら、バイトしてても食べたくならないでしょ?」
「なるほど。でも、コレは甘いの苦手でもいけると思うから試してみてよ」
「はあ...」
彼はカップを受け取ると、おそるおそるといった様子で口をつけて、ぱっと
顔を上げた。
「これ、美味いです。全然甘くない。砂糖入ってないんですか?」
「砂糖は少しは入ってるけどね。カカオ分が多くてクローブとシナモン
を効かせてるから、甘ったるくないでしょ?」
「ビターな大人の男の味って感じすね!」
そういう彼の表情はむしろ子供っぽかった。