※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

襲い受け

「…え、ちょ、ちょっと?!どうしたんだよ!」
「うるせぇ…黙ってろ」
「黙ってろって…お前、今自分が何してんのかわかってんのか?」
「……お前を襲ってる」
いやいやいや!見ればわかるよ!
俺の上に跨って、服脱いで、細い腰とか感じやすい乳首とか色素の薄い躰を俺にさらして!
明るかった視野がふと薄暗くなって、和樹を見上げると、その目は快楽を欲していた。
「ん……」
触れるだけの軽いキスが何度か降ってきたあと、何の躊躇いもなく舌が入ってきた。
「っ、ふ……ん……はぁっ…」
「…和樹、お前、酒弱くはなかったよな?」
荒れた呼吸を静めながら訊く。
強いわけでもないけど、弱くはない。酔っても、ぼーっとして無口にはなるけどキス魔にはならない。


酒は理性の箍を外す、というかゆるくはなるから…もしかして、
「弱くはねぇよ。…レポートだのバイトだので、誰かさんが構ってくれなかったせいではあるけどな」
確かに、最近立て込んでてこいつに構ってやれてなかったな。
「酒が入ってるからとはいえ、お前がこんなこと言うなんて…よっぽど寂しかったんだな」
上半身を起こしながら言う。
「なんだよ、ニマニマしやがって…気持ち悪い」
「ごめんな。構ってやれなくて」
「詫びるならもう少し計画立ててやれ。お前のレポートのせいで一日暇だったんだぞ」
「前向きに検討いたします…」
「許してほしかったら今度飯奢れ。今は……」
途切れた言葉が気になって和樹を見ると、顔が赤くなっていて、目が潤んでいた。
「今は、…祐介が欲しい。お前が欲しい…」
普段素直じゃないこいつから出てきた言葉は、俺には刺激が強すぎた。