※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陰間茶屋

目を開いていても瞑っていても考えるのはあんたのことだけ、
幾度抱かれようが何を言わされようが、心まで許した覚えは一度もねえ。

「有明よ、こんな遅くまで何をしている」
「なんでえこの店は、番頭に許しを請わなけりゃ月見もできねえのか」
「その物言い、直さねえうちに一花終わっちまったな」
「はん、上方育ちの気色の悪い話し方なんて真似したくねえよ」
「まったく、愛想がねえな」
「だけども売れっ子だったぜ、生まれ持った顔のおかげでな」
「それも明日からはどうなることやら」
「女の客なんて少うし優しくしてやりゃあすぐ喜ぶ、男よりよっぽど楽だ」
「ま、手前ならうまくやるだろうな」
「おう」
「最後の客があの坊さんとは、お前もよくよく運がない男だ」
「あんの生臭坊主、死んだら必ず地獄に落ちるだろうよ」
「今日もひどくされたか」
「毎度のことよ」
「そうか、お疲れさん」
「……清正さん、暇はあるかい」
「何か?」
「今日で男相手は終いだが、締めくくりがあの爺さんじゃ胸糞悪い」
「ほう」
「あんた、俺と寝ないか」
「阿呆、手前は売りものだぞ。手ぇつけられるかよ」
「売れっ子のささやかな望みくらい大人しく聞きやがれ」
「本気か」
「あぁ、あんたにゃ世話にもなったし、坊主よりゃずいぶんマシだ」
「……最後の男っつうのも荷が重いもんだな」
「あんたは何も気にするこたぁねえ、俺の我が侭なんだから」


「有明、なぜ泣く」
「泣いてねえよ」
「こんなに涙を溜めておいて、不思議なことを言う」
「黙って脱げよ」
「なぁ、どうした」
「……初めてなんだ」
「初めて? 何が?」
「こんな風に顔が火照るのは」
「俺は客じゃねえぞ」
「わかってる、あんたは清正だ、茶屋の番頭だ」
「嘘も無理も俺にゃあ要らねえ」
「俺はあんたの前だからこそ嘘なんかつかねえのよ」
「えらい殺し文句だな……」
「あんたはこの夜だけ俺のもんだ」
「待てよ、それは売る側の台詞じゃねえだろ」
「そう思うならあんたが言ってみろ」
「“おまえは俺のもんだ”」
「……大根役者」
「手前なあ」
「もっと言えよ、それ。ずっと言ってろ」
「こういうのが好みか」
「あった方がその気になる」
「可愛いところもあるのな、手前」
「少しは黙ってられねえのか、やることやる前に朝が来ちまう」
「悪いな。じゃあそら、口吸いだ」
「馬鹿野郎、目も閉じろ……」

目を開いていても瞑っていても思い出すのは手前のことだけ、
どんなに美しい女を抱こうが甘い言葉を与えようが、心をかけた夜は一度だけ。