※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奴隷青年×坊ちゃん(歳の差)か 坊ちゃん×奴隷少年(同年代)

奴隷青年と坊ちゃんの恋。
奴隷制度ってことで、舞台は昔のなんちゃってイ/ン/ドとかどうかな。
坊ちゃんは王族階級のクシャ/トリヤ。
お相手の年上青年は隷属身分のシュー/ドラなんだけど、
もともとは他国の王国貴族(白人系)で美丈夫なんだよ。
だけど、昔坊ちゃんの父上に国を攻め滅ぼされちゃって、
今は王宮で使われてる奴隷なんだな。父上のモノなんだな萌え。

坊ちゃんと青年の出会いはごくごく平凡。
典型的な王族タイプの坊ちゃんは、奴隷の存在なんて鼻にもかけてなかったんだけど、
ある日ね、例えば坊ちゃんが散歩なんかに出かけた時にね、
断崖絶壁落ちたら死ぬなーってトコに咲いてる花が気になっちゃったりしてね。

そこにたまたま青年が来たりして。坊ちゃんは意地悪をしちゃうワケよ。
「おい、お前。あの花を取れ」とか言って。当然泣いて許しをこうと思ったのがどっこい、
青年はただ「畏まりました」とか微笑んで崖を降りちゃうわけよ。
そんで、あっさり花を取っちゃったりするワケだな萌え。

その日から気になりだすドキドキが止まらない1・2・3☆ってなワケで、
坊ちゃんはうっかり恋しちゃうわけだ。
でもそれを、青年がシュー/ドラのクセに生意気だからムカついてるんだって、必死に思い込もうとするんだよ。
んで、その後坊ちゃんの意地悪攻撃が青年に連打でいくんだけど、
いつも青年は静かに微笑んでるだけでさ。
心の交流なんかも時々あったりして2人の距離は近くなるんだよ萌え。

そんなこんなで、坊ちゃんは次第に、
自分の父上がこの青年に対しては、普通の奴隷に対するよりもやけに辛く冷た~くあたってたり、
暴力とかを好んで振るったりするのに、妙に手元に置きたがってる事に気づいたりするわけよ。
ぶっちゃけ、父上の青年への歪んだ執着っぷりを垣間見ちゃったりするのよ。

THE・修羅場☆

まあ青年は父上のモノなんだよ萌え。
青年の口から父上との関係を確かめて、坊ちゃんは泣くわけ。
唇噛み締めて声も立てずに、青年を睨みつけて涙だけがボロボロ零れるわけ。
青年は、いつものように平伏した格好で少し痛いみたいに微笑むの。
それに「なぜ笑う」って呟く坊ちゃんに「私はシュー/ドラですから」って、
やっぱり微笑んだまま青年は言うんだよね。
坊ちゃんハートに大打撃。そこで初めて、身分社会の苦悩に真正面からぶつかっちゃうワケよ。

血が出るぐらい唇噛みながら、でもそこで、震える片手を青年に向けて差し出したりしてね。
「俺と来い」とか言ってね。
戸惑う青年に、苛立って「シュー/ドラなら、俺の言うことをきけ」とか言っちゃって。
自己嫌悪に陥る坊ちゃんを、青年はジっと見つめてね。哀しげに笑いながら、頷くわけだ。
愛の逃避行なんて、子供のままごとでしかないって。
しかも、一端そんな脱走を図った自分は、捕まれば命はないって、青年は知ってたからね。
それでも頷いたんだよ、坊ちゃんの為にね萌え。

んで、2人、夜を待って別々に逃げ出すんだよ。
落ち合うのはいつも2人が語らった丘の麓。
手に手を取って、愛の逃避行が始まるわけだな萌え。ただ触れ合って、2人だけで生きる数日間の愛。泣けるよ、萌えるよ。