※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔王×天使

成すべきことを持たない生活を余儀なくされていた。
囚われの身となって三日、時間の感覚は既に希薄であった。
巨大な宮殿の一室に設えられた檻の中から、天使は暗がりを眺めている。
檻を離れた場所から見れば、それが鳥籠を模したものだと気付くだろう。
しかし今の彼にはどうでもいいことだった。

ふいに空間がぐにゃりと歪み、何かが姿を現した。
背に四枚の翼を持つ漆黒の獅子だ。
前肢を揃え優雅に座り込んだかと思うと、獅子は男の姿を成した。
「いつまで、わたしを閉じ込めておくつもりです。」
男は問い掛けに答えず、銀のゴブレットを手渡した。
天使は口を付けようとはせず、両手で包んで顔を寄せる。
「恐怖でひとを縛るとは、あまりに傲慢ではありませんか。」
「異なる価値観を認めずに排除し、盲信を強いるおまえの主は、傲慢ではないか。」
「罰するべきを罰せねば、地上は混沌と化すでしょう。
神は、神を信じる正しき魂を、楽土に導き給います。」
天使は反駁し、男は皮肉げに口元をゆがめた。
「それが真に楽土であると、誰に言えよう。」

魔王は、目の前の美しい生き物を哀れだと思った。
自由を知らず、欲望を知らず、ただ神に仕えて悠久の時を生きるのか。
彼ら天使は、創造主たる神によって一切の執着を禁じられている。
禁忌を犯せば、罪の重さが足を引いて飛べなくなるのだという。
「二度と主の許へ戻れないようにしてやろうか。」
「…出来ますか?貴方に、それが。」
「掟に固執することはない。神の国を棄てて、私のところへ来ればいい。」
魔王は言った。いらえは無かった。

魔王が外套の裾を翻して出て行くと、部屋は再び静寂に沈んだ。
天使の外面は凪いだ湖面のように静かだったか、内面は激しく揺れていた。

『私のところへ来ればいい。』

するりと滑り込むように、迷いは生じた。
意志とは関係なしに、堕ちたその時の歓喜を思い描く。
二度と戻れなくなる、そんな気がした。
確信に近い予感に慄いて目を閉じた。
戻れなくなる。闇に魅入られ堕天した、かつての同胞のように。

冷えきった林檎酒を手の中でそっと温める。
馴染みのないスパイスが思い出したように甘く香った。
異邦の匂いがした。