※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

兄×弟

「おい!アニキ起きろ!!」
朝から大きな声で叫んでる、うるさい。
「まだ7時だっつーの。せっかくの休みくらいゆっくり寝させてくれって」
眠い。なんなんだよ、ふざけんな。
「早く起きろって!駅まで送ってくれるって言ったのアニキだろ!?」
そうだった…忘れてた。
部活の試合でどっか行くから駅まで送れって言ってたっけ。
仕方ない、かわいい弟の為だ起きてやるか。
「はーやーくー!時間ない時間ない!!」
「うるせーよ。駅まで10分もあれば余裕で着くだろーが」
何か良い夢見てた気がするから、ちょっと意地悪してやった。
俺より10cmもでかいくせに、気は小さいんだよなぁ。
すっげー焦ってる。時計気にしすぎ。
だから間に合うから、てか間に合わせるから。
かわいいかわいい弟の為におにいちゃんはがんばるから、心配すんな。
でもねお兄ちゃんは本当は送って行きたくなかったりもするんだ。
駅で待ってるマネージャーは弟の彼女だから。