※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豆×さや


この場合豆は究極のヒモ、さやは何人かの男を抱え込む寂しがり屋のビッチだと言えるでしょう。
豆達は一様にさやに向かって「テメェの価値なんて俺がいてこそのもんだろうが」と言い放ち、
あくまで“自分がお前といてやってるんだ”というスタンスを崩しません。
さやは自身の価値を悟っているし豆達のことを心から愛しているので何も言い返さず、
言われるままに豆達を優しく保護し続けています。
豆達の気まぐれの優しさがあるだけで、さやは寂しさが満たされ生きていけるのです。
豆達はお互いにさやが他の男を抱えているのを知っていますが、さやのことが満更でもないので仕方ないと思っています。
食卓に並ぶ日、さやは豆達と離れたくない思いでいっぱいですが、豆達は最後まで冷たく「じゃあな」と軽く去っていきます。
けれども豆達は人間に喰われるのがどれだけ辛く苦しいものか知っていました。
「俺達はお前に苦しい思いをしてほしくない」とさやが間違っても後を追わないよう、精一杯冷たくしたのです。
人間の体内へと運ばれる豆達とゴミ袋の中のさやは同じことを思っていることでしょう。
「生まれ変わったら、人間のように愛し合いたい」と…。