※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

卒業する先輩×入学してくる後輩


「昔はよかったよなー、一緒に少年野球やってた頃はお前もちっちゃくて可愛げあったってのに」
「そんなにちびでしたっけ俺」
「小学校の低学年なんてみんなそんなもんだろ」
「あんまり覚えてないっすよそんな昔のこと…ああでも先輩に初めて会ったときのことは覚えてますよ。年の差もまああるんすけど、それ以上になんか、背中が大きく見えて」
「そーいうしんみりする事言うなって!空気が重くなる!」
「先輩どうせ大学遠いじゃないすか、ちょっとぐらいしんみりさせてくださいよ!」
「あーわかったわかった、そんなに大声出さんでも聞こえるって…あれ、そういえばおまえは高校決まったのか?」
「先輩がこないだまで行ってたとこですよ」
「そうだったのか、おまえがいるんなら野球部も安泰かな?にしても偶然だな」
「…偶然じゃないです」
「え?」
「……どうしても追いかけたかったんです…先輩のこと……
…先輩が関わると…本当バカみたいなんすよ…自分でも…意味ないってわかってるのに…俺…」
「…ばっかじゃねーの、俺まで辛くなんだろ、どうしてくれんだ」