※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

恋心を自覚する攻めと天然受け


「ゆーうや!一緒に帰ろ!」
「あ、わりぃ……ちょっと今日、学校残るから」
「……じゃあ、俺も残る」
「は!?そんなのいいって、悪いし」
「だって最近ぜんぜん裕也と帰ってない」

むっすー、という表現がぴったりな顔をして俺の目の前に立っているのは、幼馴染の卓真だ。
こいつは自分の言葉の重みってやつを全然わかってない。
 垂れ目がちな目は大きくて肌は綺麗な上に色白で、少し長めの髪はくるんとした癖毛で、そこらの女子より可愛いくせにそんなことサラッと言うなよバカ。
 元はと言えばお前が悪いんだ。お前がへらへら笑いながら「俺、裕也となら付き合ってもいーな。てゆーか付き合いたい」とか言うから悪い。
 冗談だってことは百も承知だよ。つーか冗談だから余計に性質悪ぃんだよ。反射的に想像しちまって、「アリ」だなとか思っちゃった俺はどうすりゃいいの。
 それからお前に会う度に、だんだん「アリ」というよりむしろそうなりたいなんて考えるようになっちゃって、こんな感情どうしろっていうの。
 教室で普通に接するだけでも大変で、だからわざわざ避けてたのになんでお前はそうなんだよ。
 いつもいつもベタベタしてきて「だいすきー」とか言っちゃって、俺がどれだけ振り回されてるのか知らないくせに。
 俺がどれだけお前のこと好きか知らないくせに。

…なんて、言えない。言えるわけがない。
卓真が天然なのは昔からだ。一緒にいるのが当たり前で、卓真の「だいすき」はもう何回聞いたかわからない。
なにも特別な事じゃない。
なのに、なんで……なんで、好きになっちまったんだろう。


「……あー、だよな。確かに。じゃあやっぱ、俺残るのやめる」
「え、まじ?いいの?」
「ああ。今日じゃなくてもいいし」
「やったー!ゆーややさしー!」
「体当たりしてくんなバカ」

この日常が続いてほしいのかどうか、最近よくわからない。