※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

女装×筋肉


「今日は勇樹にいいモノを持ってきたんだ」
「ん、何?………なんだ、コレ?」
「見ての通り、ひらひらフリルのドレスだよ。勇樹に似合うと思って」
「つまり、俺にコレを着ろと?」
「うん」
「嫌だ」
「え、なんで?」
「なんでって、俺に似合うわけねぇだろ?」
「絶対に似合うって。ねぇ、お願い、勇樹。一回だけでいいから着てみて」
「嫌だ、つってんだろ!?」
「だって、想像してみてよ。ひらひらフリルを引きちぎるとそこにはみっしりした筋肉が…!すごくそそられる光景じゃない?」
「そそられねぇよっ!つか、キモいわ」
「えー、そうかなぁ…。ひらひらフリルって男のロマンだと思うんだけど」
「男のロマンは否定しねぇけど、この場合は当てはまらねぇよ。っていうか聡、そんなにひらひらフリルが好きならお前が着ればいいじゃねぇか。お前細っこいし女顔だし、俺よりよっぽど似合うだろ?」
「俺ももちろん着るつもりだよ。ペアルックで一緒に写真撮ろう」
「撮らねぇよっ!…つか、お前、自分用にも用意してきたのか?」
「うん、待ってて。今着替えるから――――どう、似合う?」
「……似合ってる」
「あ、勇樹が俺に見とれてる。嬉しいな。じゃあ、勇樹も着替えて…」
「だから、脱がすな!俺は着ねぇって言ってるだろ!?」
「ズルいなぁ、俺にだけ着替えさせて」
「お前が勝手に着替えたんじゃねぇか」
「わかったよ、じゃあ、今日はペアルックは諦める。その代わり、鏡見ながらシよ?」
「はぁ?」
「ほら勇樹、鏡の中、見て」
「……」
「俺、すごく興奮してきた。……ねえ、勇樹はどんな気分?こういう恰好の俺に、こんな風に触られて…」
「…っ、…聡…っ…」
「あ、あまり暴れないでね。この服高かったから破かないように」
「お前、さっき俺に着せて引きちぎるとかなんとか言って……ん、あ…っ…」